ホーム > 企業情報 > ニュースリリース > 生命との対話シンポジウム テーマ「医と食」抄録集

生命との対話シンポジウム テーマ「医と食」抄録集

 

太陽化学株式会社(本社:三重県四日市市、東京本社:東京都港区浜松町)は、2013年4月27日(土)、東京国際フォーラムにて約1,100名の参加者を集め、生命との対話 シンポジウムを開催致しました。
本シンポジウムは、太陽化学㈱が食品素材メーカーとして、世界の人々の健康と豊かな生活文化に貢献すべく、1992年から渡り最先端の情報発信活動の一環としておこなってきたものです。
日本を取りまく環境は、長寿そして少子化の社会であり、今後健常人の担う役割が高まり、健康であることの重要性が益々高まっています。
本シンポジウムでは、健全な生活を如何にして長く、そして良好に続けていくか、健康を維持する上で最重要のキーワードとなる「医」そして「食」について、医療の最前線の分野で幅広くご活躍されている4名の講師をお招きし、健康維持に関する「食(栄養)」の可能性についてご講演頂きました。

生命との対話シンポジウム テーマ「医と食」概要
■ 開催:2013年4月27日(土)
■ 会場:東京国際フォーラム ホールB7
■ 主催:太陽化学株式会社、後援:一般財団法人 食品分析開発センターSUNATEC

講 演 プ ロ グ ラ ム 抄録集
PDF

「医療から見た食の可能性」

京都府立医科大学 
学長 吉川敏一先生

「若々しく生きるための食事、栄養
 〜機能性成分の医療応用〜」

久留米大学医学部附属病院 
教授 田中芳明先生

「妊婦栄養のたいせつさ
 〜成人病・胎児期発症起源説より〜」

早稲田大学 総合研究機構研究院
教授 福岡秀興先生

「食といのち〜食べるということ〜」

藤田保健衛生大学医学部 
教授 東口髙志先生

過去の開催一覧はこちら