ホーム >

健康を作る素材のチカラ

Vol.10 虚血性心疾患とn-3系脂肪酸(EPA・DHA)話題の機能性表示、有力候補はこの素材!

1.進む食品の機能性・栄養機能の表示制度改革

いよいよ、来年度(平成27年度)の春から食品の機能性表示制度が緩和されます。企業の責任で、食品に対しさまざまな健康機能が表記できるようになることが期待されています。このような表示がされた食品は、「機能性表示食品」と呼ばれることになりそうです。具体的な内容についてはガイドラインの発表が待たれます。

また、栄養機能食品の対象成分も拡大が検討されています。現在は、ビタミン12種類、ミネラル5種類が対象ですが、下記のような基準で追加候補が検討された結果、3種類の成分が候補にあがっています。

2.栄養機能の表示が可能な食品区分

これまでの制度では、食品に機能性表示が可能なものは、国の規格基準に適合した「栄養機能食品」と国が個別に許可した「特定保健用食品」の2つのみでした。ここに、企業等の責任で科学的根拠をもとに機能性を表示できる「機能性表示食品」が加わることになります。

3.n-3系脂肪酸の扱いはどうなるの?

n-3系脂肪酸は厚生労働大臣が定める食事摂取基準で摂取基準が策定されています。一方で、食事摂取基準が定められている成分は、機能性表示の対象とすることには慎重な姿勢を見せています。また、2014年11月時点での「食品の新たな機能性表示制度に係る食品表示基準案(パブリックコメント後修正)」では、機能性表示食品には栄養機能食品を含めないことが明記されています。そうすると、n-3系脂肪酸であるエイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)などは機能性の表示ができないのでしょうか?これについては、消費者庁が行った説明会でも質問があり、回答が出されています。それによると、食事摂取基準で定められているのはあくまでn-3系脂肪酸の総量であり、EPA・DHAとしては食事摂取基準には記載されていないため、機能性表示は可能と回答されています。

4.どちらに転んでも表示が期待できる!?EPA・DHA

栄養機能食品の拡大対象候補として挙げられているn-3系脂肪酸ですが、その場合の機能表示として以下のような案が挙げられています。
機能
n-3系脂肪酸は、皮膚の健康維持を助ける栄養素です。

EPA・DHAはn-3系脂肪酸ですので、栄養機能食品の対象となれば明確に決められた機能を表記することができます。一方、対象とならなかった場合でも、健康機能に関するエビデンスがたくさん報告されていますので、なんらかの機能の表示ができることが期待されます。

さまざまな報告の中から、n-3系脂肪酸であるEPA・DHA摂取が心疾患に対して予防的効果があるという報告をご紹介します。

5.EPA・DHA摂取が虚血性心疾患のリスクを低下

独立行政法人 国立がん研究センターの予防研究グループで行われた多目的コホート研究(JPHC Study)の成果のひとつに、魚・n-3脂肪酸摂取と虚血性心疾患発症のリスクの関連を調べたものがあります。虚血性心疾患とは、心臓に血液を送る動脈の硬化や血栓などによって心臓の血流が悪くなることで生じる疾患で、心筋梗塞症や狭心症のことをいいます。
この研究では、日本人の成人男女約4万人を追跡調査しました。アンケートによる2回の食事調査から、魚およびn-3系脂肪酸の摂取量を算出し、摂取量のちがいで5つのグループにわけ、グループ間での虚血性心疾患リスクを比較しました。

魚の摂取量が最も少ないグループに比べ、最も多いグループではリスクが約40%低くなりました。EPA・DHAの摂取量によって分けた場合でも、摂取量が最も少ないグループに比べ、最も多いグループではリスクが低いことがわかりました。いずれの場合も、診断の確実な心筋梗塞に限って解析するとリスクの低下は特にはっきりと見られ、EPA・DHAの摂取量が最も多いグループでは約60%低下しました。


これまでも、少し(1日あたり30~60g)でも魚を食べることが虚血性心疾患の予防につながるという海外の研究からの報告がいくつかありましたが、今回は、それ以上に食べるとさらに予防効果が高くなることが示されました。

この研究では、あくまで魚の成分としてのEPA・DHA摂取量による効果を示しています。また機能性表示食品では、疾病治癒や疾病予防についての記載はできませんので表現の工夫が必要となりますが、さまざまな健康機能が期待される成分として注目していきたい素材です。


※コホート研究(JPHC Study)とは・・・
特定の地域や集団に属する人々を対象に、長期間にわたってその人々の健康状態と生活習慣や環境の状態など様々な要因との関係を調査する研究のこと。

参考資料
第33回 消費者委員会食品表示部会 【資料5】栄養素等表示基準値及び栄養機能食品に係る食品表示基準案について
http://www.cao.go.jp/consumer/kabusoshiki/syokuhinhyouji/bukai/033/shiryou/index.html
第35回食品表示部会 【資料2‐3】 食品の新たな機能性表示制度に係る食品表示基準案(パブリックコメント後修正)
http://www.cao.go.jp/consumer/kabusoshiki/syokuhinhyouji/bukai/033/shiryou/index.html
Iso H, Kobayashi M, Ishihara J, et al. Circulation 2006 ; 113 : 195-202
国立がんセンター 多目的コホート研究「魚・n-3脂肪酸摂取と虚血性心疾患発症との関連について」 http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/279.html

前のページに戻る

ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら

健康のおはなし