ホーム >

健康を作る素材のチカラ

Vol.31 【注目まとめ】ダイエットサポート素材

【注目まとめ】ダイエットサポート素材

現代人の永遠のテーマ「ダイエット」。今年こそ成功させたい!と年初に目標を掲げた方も多いのではないでしょうか。今回は、これまでに「健康を作る素材のチカラ」のコーナーで紹介してきた素材の中からダイエットに通じる素材と機能をまとめてご紹介します。

脂肪をためない!スーパーフルーツ「アムラ」

アムラは、インドの伝承医学アーユルヴェーダでは“若返りの果実”として重宝されてきました。アムラには、美容や健康に関する様々な機能があることが知られており、研究も進んでいます。そんな健康機能のひとつに、脂肪蓄積抑制効果があります。ラットに高脂肪食とともにアムラエキスを混合して食べさせたところ、高脂肪食のみを食べさせたラットでは、体重が増加し内臓脂肪も増えたのに対し、アムラエキスとともに食べた場合は体重も内臓脂肪も増加が抑えられました。また、細胞に蓄積する中性脂肪の量を減らし、脂肪細胞分化に関する酵素の活性を抑える機能も確認されています。ついつい脂肪の多い食事になりがちな季節などに、強い味方になってくれそうな素材です。

詳しくはこちら⇒ Vol.27 脂肪をためない!アムラのひみつ

脂肪燃焼の定番素材「茶カテキン」

脂肪を燃焼してくれる素材として定番となった茶カテキン。脂肪燃焼だけでなく、体重を減らす報告もされています。40~69歳のイギリス人男性肥満者70名で行われた試験で、緑茶から抽出された茶カテキン400mgを1日2回(1日あたり800mg)6週間摂取したところ、プラセボ摂取では0.53kg増加したのに対し、茶カテキン摂取では0.64kgの減少となりました。茶カテキンは脂肪代謝にどのように働くかメカニズムがわかっており、知名度も高いため、安心感と期待感があります。当社の茶カテキンは、FSSC22000認証工場で製造された世界基準の安全・安心原料です。

詳しくはこちら⇒ Vol.8 ダイエットと緑茶カテキン

ダイエットの敵は空腹!腹持ちをよくする「グアーガム分解物」

食事制限をしていて辛いのは、空腹をガマンすることではないでしょうか?空腹に耐えられずつい間食をしてしまい、ダイエットが続かないという方も多いのではないでしょうか。水溶性食物繊維である「グアーガム分解物」は、食事と一緒に摂ることで、腹持ちをよくする効果が報告されています。朝食のヨーグルトとともにグアーガム分解物2gを2週間食べたところ、プラセボを食べた場合と比べて、朝食後時間が経ってからも空腹感を感じにくく、腹持ちがよくなりました。また、昼食とともにグアーガム分解物6gを食べた場合は、単回の摂取でも食後の腹持ちがよくなりました。さらに、食事とともにグアーガム分解物を摂取した場合は、グアーガム分解物を摂取していない場合と比べて間食として摂取したカロリーが抑えられることもわかりました。腹持ちがよくなることで、間食を食べたくなる気持ちを抑えられることが期待できます。さらに、グアーガム分解物は水溶性食物繊維を多く含みますので、不足しがちな食物繊維も補うことができ、健康的なダイエットをサポートしてくれます。

詳しくはこちら⇒ Vol.15 食後の満足感とグアーガム分解物(PHGG)


前のページに戻る

ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら

健康のおはなし