ホーム > おいしさ科学館

おいしさ科学館

おいしさの「なぜ」を
感性と科学の両面からアプローチ

おいしさの嗜好が多様化していく中、単に食べておいしいではなく、科学的な検証や情報に基づいて、おいしさをいかに客観的に判断するかが、今後、ますます重要になってくると考えます。おいしさを客観的に判断するには、感性・科学の両面から解析することが重要と考えます。

おいしさ科学館は、食品製造・販売会社の方、外食産業をはじめ、シェフやパテシエの方など食を提供する方々のためのスペースです。

「おいしさ科学館」は、おいしさの「なぜ」を考えます。
  • おいしさの感じ方は、人によって異なります。「なぜなのか?」「どのくらい違うのか?」
    「おいしさ科学館」は、おいしさの不思議を皆様と一緒に考えるスペースです。
  • これからの社会環境や食生活を「おいしさ」という視点をとおして、
    感性と科学の両面からアプローチする新しい試みの場です。
  • 「おいしさ科学館」の持つ、「分析」「体験」「情報」「コミュニケーション」の
    4つの機能を皆様のニーズに合わせご活用いただければと考えています。
  • 「おいしさ」の不思議を一緒に考え、情報を交換しあい、安全で、安心できる「食」の環境を
    見つづけていくこと、それが 「おいしさ科学館」が目指している未来です。

おいしさ科学館の4つの機能

おいしさ科学館は、「より安心して食べることができるおいしさの提供」を可能にするために、“おいしさの違いを試作・比較する”、“おいしさの解析・分析する”など、おいしさについてさまざまな視点から共に考えられるように、おいしさ科学館の施設に4つの機能を持たせました。
また開発チームを新設。従来の感性・科学の両面からのアプローチに加えて「ものづくり」による「おいしさ」の提案を新たに進めていきます。

  • 分析ラボ

    各種機器をそろえた分析スペースです。
    おいしさをいろいろな角度から科学的に分析・評価に利用できます。

  • キッチンラボ

    ワークスペースを兼ね備えた試作キッチンスペースです。
    各種の食品の試作に利用できます。

  • ライブラリー

    食に関する情報検索スペースです。
    ミーティングスペースも兼ね備えています。

  • ホール

    約50人収容のホールです。食に関して、
    さまざまな視点から交流できる場に利用できます。

分析・解析例

カスタードクリームの成分分散比較

チョコレートの口どけの2次元マップ

ご利用法・アクセス・お問い合わせ

おいしさ科学館は、食品製造・販売会社の方、外食産業をはじめ、
シェフやパテシエの方など食を提供する方々のためのスペースです。

来館の際は事前にご予約下さい。

■開館時間
月~金 10:00~17:00
■休館日
土・日曜日、祝祭日、年末年始
■ご利用方法
お客様の目的・内容に沿った対応をさせていただくため基本的にアポイントメント制です。事前にお電話にてご連絡願います。
おいしさ科学館 電話番号:03-5470-6808
■地図・アクセス
JR山手線、JR京浜東北線 浜松町駅下車 北口徒歩5分
都営浅草線、都営大江戸線 大門駅下車 B1、B2、B4出口徒歩5分
東京臨海新交通ゆりかもめ、汐留駅下車 徒歩10分
地図の印刷ページはこちら
お気軽にお問い合わせください
E-mail:oishisa-kagakukan@taiyokagaku.co.jp
電話番号:03-5470-6808
開館時間:月~金 10:00~17:00
休館日:土・日曜日、祝祭日、年末年始