ホーム > 技術・研究情報 > 健康の研究と技術

健康の研究と技術

スポーツをされる方、必見!コンディションを整える3つの要素

スポーツをする人の目的はさまざまです。本格的に記録を出したい人、代表選出を目指す人、趣味として楽しみたい人、仲間と交流したい人。しかし、スポーツをする全ての人に共通するのは、少しでも良いコンディションでスポーツがしたいと望んでいること、ではないでしょうか。体のコンディションが悪ければ、本来の力を発揮できないばかりか日々のトレーニングにも耐えられませんし、楽しみとしてスポーツしたい人も、調子が悪ければ楽しむこともできません。それでは、スポーツのためのコンディション作りに必要な要素には何があるでしょうか。ここではコンディションを整えるための“基礎”ともいえる3つの要素についてお話します。

続きを読む

高まるスポーツ人気!○○パワーでワンランク上を狙え!

盛り上がりを見せるスポーツ関連市場
6月12日に開幕した2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会は、これから決勝トーナメントが始まろうとしている。日本はFIFAワールドカップ 5大会連続5回目の出場を果たした。
ソチオリンピックではフィギュアスケートの羽生選手が日本男子初の金メダルを獲得した他、スノーボードハーフ ……

続きを読む

Q10について

美容やアンチエイジング、さらにはスポーツの抗疲労などに人気のコエンザイム Q10。ヒトの体内で合成される唯一の抗酸化物質です。コエンザイム Q10の大きな働きは、ひとつは細胞内でのエネルギーの産生。二つ目は抗酸化作用で、細胞を酸化ストレスから守る働きです。
ヒトにとって欠かせないコエンザイム Q10ですが、年齢とともに ……

続きを読む

ルテイン

ルテインとは?
ルテインは、ケールやほうれん草などの緑黄色野菜や卵黄に多く含まれるカロテノイド色素のひとつで、強力な抗酸化物質です。主に眼、皮膚、乳房組織、母乳、子宮頚部、脳に蓄積されています。ヒトの体内で生合成されないため、食事による摂取が必要です。
ルテインは、抗酸化作用が強いだけでなく、青色光を吸収することも大き ……

続きを読む

DHAについて

DHA(ドコサヘキサエン酸)とは、青魚などの魚介類に多く含まれる脂肪酸の一種です。機能性に関する研究は1970年代にイヌイットの心臓疾患が少ないことに着目されたことではじまりました。デンマークなど欧米先進諸国では、動物性タンパク質や脂質の摂取量が多くなるにつれ心臓疾患が増加していたのに対し、イヌイットは動物性タンパク質 ……

続きを読む

アスタキサンチンについて

アスタキサンチンは、自然界が生み出すカロテノイド色素のひとつで、キサントフィル類に属します。主に生成するのはヘマトコッカスなどの藻類や微生物ですが、食物連鎖によって甲殻類、魚介類に蓄積されます。カニ・エビ・サケ・イクラなどの赤色がこの成分です。アスタキサンチンは自然界最強の抗酸化物質と言われており、その抗酸化能は、β- ……

続きを読む

鉄について

● 鉄の食事摂取基準
鉄は厚生労働省の「日本人の食事摂取基準報告」で微量ミネラルに定められています。

<鉄の食事摂取基準2010年度版>

男性(mg/日)
女性(mg/日)

推奨量
耐容上限量
推奨量
耐容上限量

月経無し
月経有り

0~5(月)
6~11(月)
1~2(歳)
3~5(歳)
6~7 ……

続きを読む

風邪と戦う緑茶成分

昔からお茶を飲むと風邪をひかないとか、お茶でうがいをするとよいといった話も聞かれますが、お茶の中のどういう成分に効果があるのでしょうか?
最近の研究から、カテキンとテアニンの組み合わせが風邪やインフルエンザの予防や症状の緩和に効果的であることが明らかとなりました。

ここで示すデータは、健常な男女108名にカテキン・テ ……

続きを読む

天竺の果実?「アムラ」語源に“看護師”という意味合いを持つアユルベーダの代表的果実

アムラという名はヒンドゥ語で、語源に”看護婦“という意味合いを持ちます。アムラは、数千年の歴史を誇るアユルベーダで利用される代表的な果実の一つです。

アムラ(Emblica officinalis Gaertn.)は、インドやその近隣諸国で数千年の昔から食べられてきた健康果実で、ジャムや果肉・果汁加工品など一般的に利 ……

続きを読む

L-テアニンに冷え性改善効果が期待機能性緑茶アミノ酸

冷え性の原因は様々ですが、ストレスもその一つであると言われています。
太陽化学では、緑茶に含まれるアミノ酸「L-テアニン」に冷え性を改善する効果が期待されることを第61回日本栄養・食糧学界大会にて発表しました。

自律神経と冷え性
冷え性は、末梢血管に血行障害が起こる症状です。
体温調節や血管の働きは自律神経によってコ ……

続きを読む

グアーガム酵素分解物 「サンファイバー」は、豆から生まれた水溶性食物繊維です。

グアー豆とは?
サンファーバーは、豆(グァー豆)から生まれた水溶性食物繊維。
植物由来の水溶性食物繊維で、プレバイオティクス素材として注目されています。
『グァーガム分解物』(サンファイバー)は、(財)日本健康・栄養食品協会より特定保健用食品の関与する成分の評価書が発行されています。

グァー豆は、インド原産の豆科植物 ……

続きを読む

未来食「サツマイモ」現代社会に必要な 「新・健康素材」としてのサツマイモ

これまでも、これからもサツマイモ
当社は“焼きいも加工品”を工業的に生産する技術を確立するなど、サツマイモに関して長年取り組んでまいりました。近年は、「未来の宇宙食」といわれるほどに豊富な栄養素が注目される、“古くて新しい”サツマイモの可能性についてご紹介します。
サツマイモは今から400年前沖縄に、300年前鹿児島に ……

続きを読む

QOL向上 過敏性腸症候群の改善のためにグアーガム酵素分解物

過敏性腸症候群(IBS)とは
腸は“第二の脳”といわれ、脳との相関が高くストレスなどの影響を受けやすい臓器です。IBSとは精神的ストレスや不規則な生活によって、腸の働きをコントロールしている自律神経が不安定になり、腹痛を伴う便秘、下痢および便秘と下痢が交互に起こるもので、日本人の15~25%がIBSともいわれ、その数は ……

続きを読む

緑茶カテキンの新しい可能性

緑茶カテキンは、最近では体脂肪低減効果で着目されていますが、もともとの研究の出発点は、その優れた「抗菌性」にありました。今回はトータルヘルスケアの観点から、緑茶カテキンの有効性について改めてご紹介いたします。
オーラルケアは、全身の健康に直結!

手術前にはまず歯医者へ
手術後に免疫力が低下した状態では、口腔細菌が体 ……

続きを読む

眠れない日本人が増加!“安眠”は食品分野でも重要な開発コンセプトに

テアニンは緑茶に含まれるアミノ酸で、リラックス効果をもたらす成分として知られています。その延長線上として、今や大きなマーケットに成長しつつある「睡眠」にも有効であることが分かってきました。

日本にもある、10兆円の睡眠マーケット
布団に入ってもなかなか寝付けない、眠りが浅く夜中に目覚める等、眠りに不満を抱えている人が ……

続きを読む

あのコエンザイムQ10を使いやすく!

エンザイムQ10(以下CoQ10(コーキューテン))は、現在アメリカを中心に、「スポーツ選手、高齢者に人気の高いサプリメント」として、急速にその市場が拡大しています。太陽化学では、広く加工食品にも利用しやすいように「サンアクティブQ」として製剤化。ぜひ新しい商品開発にお役立てください。
CoQ10の可能性拡大に…挑戦! ……

続きを読む

「短鎖脂肪酸」と食物繊維との関係過敏性腸症候群の改善食品など、新しいマーケットの開拓を

「短鎖脂肪酸」は最近の研究で、腸内環境、便通、過敏性腸症候群など優れた効用をもたらすことが分かってきました。その「短鎖脂肪酸」と食物繊維との関係についてご紹介してまいります。
短鎖脂肪酸とは
短鎖脂肪酸とは、腸内細菌が作る、酪酸、プロピオン酸、酢酸などの有機酸のことです。特に酪酸は腸上皮細胞の最も重要なエネルギー源であ ……

続きを読む

鉄不足は、日本でも深刻な課題!サンアクティブFeのご紹介

鉄の欠乏症は世界的に深刻な問題
世界3大欠乏微量栄養素のうち、ヨードとビタミンAの欠乏は種々の普及活動により世界的規模で減少していますが、鉄はいまだに、実に19億人、世界人口の32%で不足※1しており顕著な改善がみられていません。
鉄欠乏症は女性や幼児の生命を脅かし、子供の成長を妨げ、その結果、知的能力や身体的機能を損 ……

続きを読む