ホーム > 技術・研究情報 > 健康の研究と技術 > ルテイン

健康の研究と技術

ルテイン

ルテインとは?

ルテインは、ケールやほうれん草などの緑黄色野菜や卵黄に多く含まれるカロテノイド色素のひとつで、強力な抗酸化物質です。主に眼、皮膚、乳房組織、母乳、子宮頚部、脳に蓄積されています。ヒトの体内で生合成されないため、食事による摂取が必要です。
ルテインは、抗酸化作用が強いだけでなく、青色光を吸収することも大きな特徴です。有害な光線としては紫外線がよくあげられますが、もう少し波長の長い青色光もエネルギーが高く、紫外線よりも深部に到達しやすいため細胞に与えるダメージは大きいといわれています。特に、最近急速に普及した液晶テレビやパソコンの画面、携帯電話、スマートフォンなどの画面から出る人工の光は特にこの青色光が多く含まれています。ルテインは、この青色光を吸収する働きがあります。
眼の網膜の中心に位置する黄斑部は、視覚機能にとって極めて重要な働きをしています。ルテインはこの部分に多く分布しており、光のダメージから眼を守っています。しかし、この部分のルテインが不足してしまうと、白内障や加齢黄斑変性(AMD)といった眼疾患リスクが高まるといわれています。
ルテインにはフリー体とエステル体の2種類あります。ほうれん草などに含まれるルテインは、脂肪酸と結合したエステル体と呼ばれる状態で存在しています。一方、ヒトが吸収する際には、リパーゼで分解され、脂肪酸がとれた状態(フリー体)になってから吸収され、作用しているといわれています。

サンアクティブLTとは

ルテイン含有オイルをニュートリションデリバリーシステム(NDS)化した製剤です。

ルテイン含有オイルはマリーゴールドから抽出・精製したオイルです。


分散安定性

ヒトが吸収できる形であるフリー体ルテインは極めて結晶性が高く、水への分散性が悪いことが知られています。NDSによりフリー体ルテインの安定化に成功しました。

成分の安定性

ルテインは光にあたると速やかに退色し、その機能も消失していきますが、NDS化したルテイン「サンアクティブ LT」を一般的な酸性飲料に添加したところ、長時間光に当てても退色せず、色調・成分の安定化が可能となりました。

吸収性改善

フリー体ルテインは水に溶解せず結晶性が高いため、吸収性がよくありません。NDS化したフルテイン「サンアクティブLT」は、原体より吸収性が高まることが確認されました。


データに関する詳しい情報については、当社までお問合せください。

前のページに戻る

ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら