ホーム > 技術・研究情報 > 健康の研究と技術 > Q10について

健康の研究と技術

Q10について

美容やアンチエイジング、さらにはスポーツの抗疲労などに人気のコエンザイム Q10。ヒトの体内で合成される唯一の抗酸化物質です。コエンザイム Q10の大きな働きは、ひとつは細胞内でのエネルギーの産生。二つ目は抗酸化作用で、細胞を酸化ストレスから守る働きです。

ヒトにとって欠かせないコエンザイム Q10ですが、年齢とともに体内の存在量が減ってしまいます。心臓に多く含まれるコエンザイム Q10量は、20歳をピークに40歳では3割以上、80歳代では半分以上減少してしまうと言われています。また、体内で使われるコエンザイムQ10は還元型の状態ではじめて作用します。ヒトの体内には酸化してしまったコエンザイムQ10を還元型に戻す酵素があるのですが、年齢とともにその働きが悪くなり、活用できるコエンザイム Q10が減ってしまいます。

食品にもコエンザイム Q10は含まれていますが、その量はわずかですので食品だけから摂取できる量は限られています。

サンアクティブ Q とは

コエンザイムQ10、還元型コエンザイムQ10をニュートリションデリバリーシステム(NDS)化した製剤です。

ニュートリションデリバリーシステム(NDS)とは

製品ラインナップ

コエンザイムQ10は油溶物質ですので、水に分散しません。

NDS化したコエンザイムQ10は透明に水に分散し、安定した分散状態を保ちます。

安定性

吸収性

コエンザイムQ10は吸収率があまりよくないと言われています。

NDSにより吸収性を改善する事に成功しました。NDS製剤化したQ10ものをヒトで摂取試験をしたところ、原体と比較して吸収性が高くなっていることが示されました。

その他のNDS 製剤「サンアクティブシリーズ」製品ラインナップはこちら

データに関する詳しい情報については、当社までお問合せください。

前のページに戻る

ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら