ホーム > 技術・研究情報 > おいしさの研究と技術

おいしさの研究と技術

低糖質デザートにおける卵の風味の重要性

低糖質食品ブーム
消費者の健康意識が高まる中、無理して糖質ゼロにするのではなく、無理なく毎日続けられる工夫をする低糖質食品が注目されている。「低糖質」「糖質制限」「ローカーボ」などのワードで様々なメディアが特集を組んでいるだけでなく、低糖質食品専用コーナーを設ける百貨店や低糖質メニューに特化したレストランも登場しており ……

続きを読む

課題解決サポート特集【Vol.2食感】

多数の製品ラインナップでお客様の課題解決をサポート

太陽化学が扱う製品の種類は、乳化剤や増粘安定剤を中心とした食品改質剤、卵やフルーツなどの食品素材、緑茶カテキン、水溶性食物繊維、テアニン(アミノ酸の一種)などの機能性素材というように多岐にわたり、主に食品業界、また、化粧品・トイレタリー業界で広くご利用いただいており ……

続きを読む

課題解決サポート特集【Vol.1風味】

多数の製品ラインナップでお客様の課題解決をサポート
太陽化学が扱う製品の種類は、乳化剤や増粘安定剤を中心とした食品改質剤、卵やフルーツなどの食品素材、緑茶カテキン、水溶性食物繊維、テアニン(アミノ酸の一種)などの機能性素材というように多岐にわたり、主に食品業界、また、化粧品・トイレタリー業界で広くご利用いただいておりま ……

続きを読む

職人の技に学ぶ「熟成感」の演出法!

“熟成”ブーム
“熟成肉”“ウイスキー”などの人気が高まり、“熟成”を謳う食品が増えている。また、私たちが日常的に食する味噌や醤油の他、ワインやウイスキーなどの酒類、漬物、チーズなど、“熟成”は身近なものと昔から結びついており、広く一般的に良いイメージをもたれている。“熟成”という言葉だけで、何となくおいしそうな気がし ……

続きを読む

みんな大好きドーナツ!でもパサパサ、ベタベタは嫌!

コンビニドーナツにクロナッツ、みんなに愛される「ドーナツ」
店舗で挽きたてのコーヒーを販売するコンビニコーヒーが大ヒットし、それに伴い、レジカウンター周りの商品開発が活発化している。中でもコーヒーとの相性が良い「ドーナツ」がコンビニ各社のレジ横カウンターで販売されるようになり、話題となっている
一方スイーツ業界では、ク ……

続きを読む

一問一答!フライ食品お悩み相談室

一問一答、フライ食品の吸油抑制についてお答えします。
天ぷら、コロッケ、豚カツなどのフライ食品は、「揚げたて」が最もおいしいと万人が感じます。冷凍食品やチルド惣菜の形態で提供されるフライ食品は、レンジで再加熱するなど簡便に食べることができますが、「揚げたて」とは異なる特徴の一つに油っぽさがあります。
「揚げたて」のおい ……

続きを読む

なめらかな口どけをお届けします!

おいしさと品質をキープすることが求められる時代に
加工食品業界では、まだ食べられる食品が廃棄される「食品ロス」を削減するため、賞味期限を延長する動きが広がっている。安全性に問題がなくても、風味や食感が変わってしまう場合があり、それは消費者にとって好ましくない。食品を提供する側としても、できる限り一番おいしい状態で食べて ……

続きを読む

広がるチーズの可能性。いつでもどこでもお手軽に。

ヨーロッパの食文化を日本の市場へ  ~おつまみスナックでも人気の『チーズ』
近年、不景気の影響もあり自宅でお酒を飲む、いわゆる「宅飲み」をする人が増えている。そんな中「大人」をターゲットとしたおつまみになるお菓子「おつまみスナック」市場が充実してきている。そんな「おつまみスナック」市場の人気アイテム・フレーバーの1つに ……

続きを読む

夏本番!チルド食品の日焼け防止策

チルドコーナー人気上昇中
コンビニに足を運ぶと、数年前に比べチルド商品の品揃えが豊富になったと感じる。
1990年代はじめ、いれたてのコーヒーをカップに入れて飲み歩くいわゆる「シアトル系コーヒー」の流行を受け、チルドカップコーヒーが誕生。今ではコーヒーに限らず、果汁系飲料、ドリンクヨーグルトなどチルドカップ飲料のバリエ ……

続きを読む

卵価高騰!卵の上手な節約術

価格高騰続くもニーズの高い“卵”
鶏卵の取引価格は、JA全農たまご等の荷受会社が各地で日々発表する鶏卵相場を指標として決定される。基本的に夏場は低く冬場は高くなる傾向があり、特に12月はクリスマスケーキやおせち料理などで需要が高まるため、最高値となることが多い。
鶏卵相場は比較的価格変動が少なく「物価の優等生」言われて ……

続きを読む

みんな大好き“いちご”ビギナーズ

日本人の大好きなフルーツ“いちご”は、今や季節を問わずに目にすることができます。私たちは食品加工の立場から“いちご”について20年以上研究を続けてきました。
今回は、長年愛され続ける“いちご”についてご紹介いたします。

いちごの歴史
現在栽培されているいちごは、17世紀中期に、北アメリカ原産のバージニアいちごと南ア ……

続きを読む

トランス脂肪酸を減らすだけではダメ!?
健康とおいしさを両立するには

背景:トランス脂肪酸、アメリカ全土で使用禁止への動き
米食品医薬品局(FDA)は11月7日、一部の菓子類やマーガリンなどに含まれ、とりすぎると動脈硬化などの原因になるとされるトランス脂肪酸の使用を全面的に禁止する方針を発表。60日間の意見聴取期間を設け、食品業界と協議し開始時期などを含めた規制の詳細を決めるとしている。 ……

続きを読む

賞味期限の延長には「おいしさ長持ち」が重要!
おいしさをキープするには?

背景:賞味期限を見直し食品ロス低減へ
日本即席食品工業協会は10月8日、2014年春をめどに、カップ麺や袋麺などの即席麺の賞味期限を延ばすと発表。現在6カ月が主流の袋めんは8カ月、カップめんは5カ月から6カ月に延長される見通しだ。即席麺業界だけでなく食品業界全体において、まだ食べられる食品が廃棄される「食品ロス」を削減 ……

続きを読む

“ぷるぷる”“どろどろ”の秘密!
増粘安定剤ビギナーズ

<はじめに>
暑い夏を終え、過去最大級とも言われた台風も過ぎ去り、肌寒く感じられるようになってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?今年の暑い夏を乗り切るため、冷たいデザートのゼリー、アイスクリームなどを食べて暑さを凌いだ方も多くいらっしゃると思います。ゼリーやアイスクリーム等の”かためる̶ ……

続きを読む

みんな大好き “麺”ビギナーズ

麺の歴史
日本で初めてめんが作られたのは、なんと今から1200年前の奈良時代まで遡るそうです。奈良時代の日本は、唐との文化交流が活発に行われており、なかでも唐菓子(からくわし)と呼ばれる儀式用の供え物が唐から数多く輸入されていました。その中に、現在でいうそうめんの原型である索餅(むぎなわ)も含まれており、国内で最も広く ……

続きを読む

アイスクリームにおける増粘安定剤の役割

現在アイスクリームはアイスクリームショップやコンビニエンスストア等の商店のみならず、自動販売機の普及によっていつでも誰にでも手軽に楽しむことが出来る食品となっています。
そのアイスクリームの品質は風味、色調、組織、ボディ感等の要因で評価されますが、これらの要因のほとんどに原料の特性や品質が影響することが知られています。 ……

続きを読む

こだわりのマンゴーをお届けいたします。太陽化学のマンゴー製品への取り組み

こだわりのマンゴー
マンゴーは熱帯アジアの原産で、インド北部ないしマレー半島に発祥したと考えられています。
熱帯アジアでは非常に古い時代から果樹として栽培されており、インドでは今から4000年以上も前に栽培に移されたとされたと言われています。現在では世界の熱帯地域で広く栽培されており、熱帯を代表する果樹となっていま ……

続きを読む

乳製品系デザートを店内照明、ショーケースの光から守ります。光酸化防止効果 スーパーエマルジョンTSM-09

最近のデザートは、手作り感、本物感を出すために生クリームや生乳をふんだんに使用した商品が増え、パッケージも透明なものが多くなっています。それは、消費者が商品の中身を確認することで商品価値の確認や安心感を与え、商品購買時の判断をしやすくしていると言えます。
一方、販売店では商品を見やすくするため、清潔感を出すために販売棚 ……

続きを読む

自然の恵みをカリフォルニアから太陽化学イチゴ加工品のご紹介

カリフォルニアのイチゴ品種
カリフォルニアでの主要品種は、ダグラス種からチャンドラー種へ、その後カマロッサ種に移り変わり、更に新しい品種へ移行しようとしています。
<アルビオン種>

※甘味が強いことが特徴
※果肉はしっかりしており、大粒
<ベンタナ種>

※すっきりした甘味
※酸味が強く味のバランスが良い
<カミ ……

続きを読む

未来食「サツマイモ」現代社会に必要な 「新・健康素材」としてのサツマイモ

これまでも、これからもサツマイモ
当社は“焼きいも加工品”を工業的に生産する技術を確立するなど、サツマイモに関して長年取り組んでまいりました。近年は、「未来の宇宙食」といわれるほどに豊富な栄養素が注目される、“古くて新しい”サツマイモの可能性についてご紹介します。
サツマイモは今から400年前沖縄に、300年前鹿児島に ……

続きを読む

太陽化学ならではの加工技術の使い方にもぜひ着目を新食感素材「MDフルーツ」のご紹介

太陽化学ではいろいろな食品加工をお手伝いする中で、原料調達や、加工技術の活かし方においても独自のノウハウを蓄積しています。それらの組み合わせから生まれた「MD(マイクロドライ)フルーツ」と、さらにその背景にある太陽化学の新素材・新食材開発の総合力についてご紹介します。
クリスピーな新食感フルーツ素材「MDフルーツ」

……

続きを読む

油を減らしても、おいしくできる?新・吸油抑制素材のご紹介

食感改良剤として当社のPF加工技術を用いて開発した、「メンソフトAL」。インスタント麺で試用したところ、フライ直後に通常とは麺の色調が変わってしまいました。原因を探ると、麺への吸油量が少なく、油の色が出なかったからでした。この新しく発現した吸油抑制効果。フライ食品全般で広く応用できますので、ぜひお試しください。
コロッ ……

続きを読む

「カロリーコントロール食品」のご提案 ゲル化剤による「食感調整」&二重(W/O/W)乳化による「コク味の付与」

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)等の該当者・予備群に 対する保健指導を徹底するため、平成20年4月から健診・保健指 導の仕組みが変わりました。
これに伴いメタボ対策商品が注目されるようになり、食の面では摂取カロリー量に対する注目が高くなっています。
低カロリーという機能性を優先したため、食感にも味の深みにも物足りない感じがする、おいしさが損なわれてしまうため食べ飽きることが多くありました。

続きを読む