ホーム > メールマガジン > バックナンバー > メールマガジン 【No.2017-063 2017年12月配信】

メールマガジン

メールマガジン 【No.2017-063 2017年12月配信】

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
   Tomorrow Solution e-mail Magazine 2017-063
   ―――――――――――――――――― 2017年12月21日 ――
     太陽化学からみなさまへ 
     知ってトクする「技術・製品・提案情報」をお届けします。
  ◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ご愛読いただきまして誠にありがとうございます。
 このメールマガジンは、太陽化学が情報提供のためにお送りしています。
 「情報と出会うキッカケ」となれば幸いです。

 本日配信いたします内容はこちらです。

 ―[ Contents ]―――――――――――――――――――――――――

 ★注目★
  【1】実は複雑な"食品の酸化"を解説!「食品のおいしさと酸化防止」講座 

   ~第3回 食品の酸化防止と抗酸化素材~
   http://www.taiyokagaku.com/technology/antioxidant/antioxidant3

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 【2】急速に発展するタイの食品市場はどこへ向かうのか?
     ~東南アジア 食品・食品添加物展示会「FIA2017」~
   http://www.taiyokagaku.com/tomorrow_solution/backnumber/20171202.html

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 【3】『腸内細菌研究のもう一つのフロンティア 「野生動物の腸内細菌」』
   中部大学創発学術院 応用生物学部    教授   牛田 一成 先生
   京都府立大学大学院 生命環境科学研究科 特任講師 土田さやか 博士  

  http://www.taiyokagaku.com/tomorrow_solution/backnumber/20171203.html

 ――――――――――――――――――――――――――――――――

 ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
  【1】実は複雑な"食品の酸化"を解説!『食品のおいしさと酸化防止』
     ~第3回 食品の酸化防止と抗酸化素材~
  ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

  食品のおいしさ維持に欠かせない「酸化防止」の技術。「酸化」とひ
  とくちに言っても実は様々な種類があり、その対策である「酸化防止」
  の手法も酸化の種類に合わせる必要があります。夏頃に第1回と第2
  回を配信して好評を頂いた『よくわかる!食品のおいしさと酸化防止』
  講座、今回は食品の酸化防止策を考える上で必ず必要となる「抗酸化
  素材」にスポットを当てて技術情報を提供いたします。

  ▼ 第3回 食品の酸化防止と抗酸化素材
   http://www.taiyokagaku.com/technology/antioxidant/antioxidant3

  過去の講座内容はコチラ!

  ▽ 第1回 食品のおいしさと酸化 "そもそも『酸化』って?"
   http://www.taiyokagaku.com/technology/antioxidant/antioxidant1

  ▽ 第2回 酸化が起こるメカニズム "食品成分は酸化でどうなる?"
   http://www.taiyokagaku.com/technology/antioxidant/antioxidant2

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【2】急速に発展するタイの食品市場はどこへ向かうのか?
     ~東南アジア 食品・食品添加物展示会「FIA2017」~
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「タイの食文化」と聞くとスパイシーな屋台料理を思い浮かべる方が多
  いのではないでしょうか?タイのバンコクでは良く見られる屋台の風景、
  観光に行くと必ず体験したいスポットのひとつでしょう。ところがこの
  風景、最近は減少の一途を辿っているそうです。代わりに増えているの
  は日本でも大きく成長した『コンビニ』ですが、その売り場はどうなっ
  ているのでしょうか。また、売り場が変われば入手できる食品も変わり
  ます。皆様はどのように変わっていくと予想しますか?
  海外展示会をレポートするシリーズ、タイの食品市場の情報も交えつつ、
  タイで開催された展示会「FIA2017」の様子をレポートいたします。

  ▼ 急速に発展するタイの食品市場はどこへ向かうのか?
     ~東南アジア 食品・食品添加物展示会「FIA2017」~
   http://www.taiyokagaku.com/tomorrow_solution/backnumber/20171202.html

  過去のレポートはコチラ!

  ▽ 欧州向け機能性素材展示会「Vitafoods」2017年5月
   http://www.taiyokagaku.com/tomorrow_solution/backnumber/20170702.html

  ▽ アメリカ市場向け食品添加物展示会「IFT」2017年8月
   http://www.taiyokagaku.com/tomorrow_solution/backnumber/20170901.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【3】腸内細菌研究のもう一つのフロンティア「野生動物の腸内細菌」
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  中部大学創発学術院 応用生物学部    教授   牛田 一成 先生
  京都府立大学大学院 生命環境科学研究科 特任講師 土田さやか 博士  

  腸内環境と身体の関係が注目され始めて久しく、今後もその注目度が高
  まっていくことが予想されます。ヒトの腸内細菌はTVなどでも頻繁に
  取り上げられ、益々注目度が高まっていますが、ヒト以外の動物の腸内
  細菌も宿主の動物と密接に関わり合い、その生態に大きな影響を及ぼし
  ていることをご存知の方は少ないかもしれません。

  今回は、動物の腸内細菌に着目し、世界各国の野生動物の腸内細菌と宿
  主の動物の関係性から、動物の進化や生態など様々な分野への研究を広
  げている牛田先生より、腸内細菌研究発展の歴史と合わせ、野生動物の
  腸内細菌研究事例(ニホンライチョウ)についてご紹介頂きます。

  ▼ 腸内細菌研究のもう一つのフロンティア「野生動物の腸内細菌」
   http://www.taiyokagaku.com/tomorrow_solution/backnumber/20171203.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ○このメールは送信専用メールアドレスから配信されております。
   このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
  ○このメールはメールマガジン配信登録をいただいた方、これまで弊社
   関係イベントへ参加いただきました方、弊社スタッフが名刺交換をさ
   せていただきました方へお送りしております。
  ○掲載された記事を無断で複製、転載することを禁じます。
  ○その他不明な点やお問い合わせは support@taiyokagaku.com
   よりお寄せ下さい。
  ○配信を中止や登録内容の変更をご希望の場合は、
   お手数ですが下記URL内の配信解除フォームをご利用下さい。
   http://www.taiyokagaku.com/tomorrow_solution/
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  編集:太陽化学株式会社 東京本社 TS 編集局 担当:鈴木
  〒105-0013 東京都港区浜松町1丁目6-3
  E-mail:support@taiyokagaku.com
  発行:太陽化学株式会社
  〒512-1111 三重県四日市市山田町800番
  http://www.taiyokagaku.com/
  ※本メールマガジンに掲載されている記事の無断転用を禁じます。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Copyright (C) 2017 Taiyokagaku. All Rights Reserved.

メールマガジン

  • 執筆者でさがす
  • 項目でさがす