ホーム >

健康を作る素材のチカラ

Vol.32 老化の原因は“酸化”と“糖化”酸化や糖化からカラダを守る!魅惑のアンチエイジングフルーツ アムラ

年齢を重ねれば避けることのできない老化。老化は見た目の衰えだけでなく、体の機能や調子、ひいては病気にも影響します。

老化の原因として注目されているのが「酸化」と「糖化」です。人は、生命活動に必要なエネルギーをつくるために酸素と糖質を必要とします。しかし、体内に取り込んだ酸素の一部は活性酸素となり、体内のたんぱく質や脂質を酸化してしまいます。また、余分な糖はたんぱく質と結びつき、最終糖化生成物(AGEs)をつくりだします。

酸化された脂質(過酸化脂質)やAGEsは、血管内にたまると動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞の原因となりますし、皮膚に蓄積すると肌の弾力が失われてたるみやくすみやシワに、細胞を傷つけるとアトピーのようなアレルギーの原因になることもあります。さらに、AGEsはたんぱく質の硬化性変質を引き起こし、糖尿病やがんといったさまざまな病気をもたらすことも近年の研究でわかっています。

そのため、老化を少しでも遅らせるには、酸化や糖化から体を守ることが大切です。

体内には、もともと抗酸化酵素や抗酸化物質があり酸化から体を守るはたらきをしています。また、エネルギーとして使わなかった糖も、代謝により脂肪やグリコーゲンなどに変換して体内で貯蔵できる形に変化させています。しかし、こういった機能は肥満や食生活の乱れ、あるいは年齢を重ねるにしたがって低下してしまいます。そのため、食品から抗酸化・抗糖化の機能をもつ成分を摂取することが重要となります。

抗酸化・抗糖化 ダブルの機能を持つスーパーフルーツ・・・アムラ

「アムラ」は次世代スーパーフルーツとして健康機能が期待されている果実のひとつです。アーユルヴェーダ発祥の地、インドでは、古くから健康によい果実として日常的に食されてきました。そんなアムラには、抗酸化・抗糖化機能があることが知られています。


アムラ果実水抽出エキスの抗酸化機能(ORAC値)

「ORAC」とは“Oxygen Radical Absorbance Capacity”の略で活性酸素吸収能力を指し、「ORAC値」とは食品中の抗酸化力の強さを示します。アムラ果実水抽出エキスは、抗酸化力が高いといわれる果実の抽出物と比較して高いORAC値を示しました。

アムラ果実水抽出エキスの抗糖化機能(in vitro)

牛血清アルブミン(たんぱく質)にグルコースおよびフラクトース(糖)を添加したものに、アムラ果実水抽出エキスを0(ブランク)~10μg/mlとなるよう添加し、2週間37℃で保温したところ、アムラ果実水抽出エキス無添加(ブランク)に比べて、濃度依存的にAGEsの生成を抑制しました。


参考文献:
長戸有希子ら.(2010)『糖化による疾患と抗糖化食品・素材』

前のページに戻る

ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら

健康のおはなし