ホーム > IR情報 > 財務情報 > 事業別売上高(連結)

事業別売上高(連結)

  第100期(2016/4/1-2017/3/31) 第101期(2017/4/1-2018/3/31)  
  金額(百万円) 構成比(%) 金額(百万円) 構成比(%) 前期比(%)
ニュートリション事業 6,926 17.6 7,014 18.1 101.3
インターフェイス
ソリューション事業
8,456 21.4 8,732 22.6 103.3
アグリフード事業 23,905 60.5 22,791 58.9 95.3
その他事業 199 0.5 151 0.4 75.6
39,487 100.0 38,689 100.0 98.0

ニュートリション事業

 医療、健康食品及び飲料業界等にカテキン(緑茶抽出物)、テアニン(機能性アミノ酸)、水溶性食物繊維等
の機能性食品素材、ミネラル製剤、ビタミン製剤等を製造、販売しております。
 水溶性食物繊維は、欧米市場の医療用途及びサプリメント用途は減少しましたが、国内市場の医療用途が増加
しました結果、売上高は前年を上回りました。
 カテキンは、アジア市場のサプメント用途は減少しましたが、国内市場及び米国市場のサプリメント用途が増
加しました結果、売上高は前年を上回りました。
 ミネラル製剤は、国内市場の飲料用途及び欧米市場のサプリメント用途が増加しました結果、売上高は前年を
上回りました。
 テアニンは、国内市場のサプリメント用途、化粧品用途及び飲料用途が減少しました結果、売上高は前年を下
回りました。
 ビタミン製剤は、国内市場の飲料用途が減少しました結果、売上高は前年を下回りました。
 この結果、売上高は70億14百万円と前期比1.3%の増収となりました。

インターフェイスソリューション事業

 乳製品、飲料、菓子、パン、加工油脂等の業界、及び化粧品、トイレタリー業界等に、乳化剤等の品質改良剤
を製造、販売しております。
 化粧品、トイレタリー用途は、国内市場及び海外市場が増加し、飲料用途は国内市場が減少しました。一般食
品用途は前年並みに推移しました。
 この結果、売上高は87億32百万円と前期比3.3%の増収となりました。

アグリフード事業

 乳製品、飲料、菓子、パン、ハム・ソーセージ、即席めん、農産加工業界等に鶏卵加工品、たん白素材、即席
食品用素材、フルーツ加工品、農産加工品等の食品素材、品質改良剤、安定剤等を製造、販売しております。
鶏卵加工品は、国内市場のハム・ソーセージ用途等の粉末卵が大幅に減少しました結果、売上高は前年を下回
りました。
 即席食品用素材は、アジア市場の即席めん用途は減少しましたが、国内市場が増加しました結果、売上高は前
年を上回りました。
 フルーツ加工品は、国内市場のパン用途及び冷菓用途が減少しました結果、売上高は前年を下回りました。
安定剤は、国内市場の冷菓用途及び飲料用途は減少しましたが、惣菜用途及びデザート用途が増加しました結
果、売上高は前年を上回りました。
 この結果、売上高は227億91百万円と前期比4.7%の減収となりました。

その他事業

 料理飲食等の事業を行っております。
 売上高は1億51百万円と前期比24.4%の減収となりました。