ホーム > 技術・研究情報 > 健康の研究と技術 > 「短鎖脂肪酸」と食物繊維との関係過敏性腸症候群の改善食品など、新しいマーケットの開拓を

健康の研究と技術

「短鎖脂肪酸」と食物繊維との関係過敏性腸症候群の改善食品など、新しいマーケットの開拓を

「短鎖脂肪酸」は最近の研究で、腸内環境、便通、過敏性腸症候群など優れた効用をもたらすことが分かってきました。その「短鎖脂肪酸」と食物繊維との関係についてご紹介してまいります。

短鎖脂肪酸とは

短鎖脂肪酸とは、腸内細菌が作る、酪酸、プロピオン酸、酢酸などの有機酸のことです。特に酪酸は腸上皮細胞の最も重要なエネルギー源であり、抗炎症作用など優れた生理効果を発揮します。
これらは有用性が高いのものの、その臭い、味、吸収性などから食べたり飲んだりして摂ることが困難です。
その代わり、もともと体内にいる腸内細菌に短鎖脂肪酸を作らせる(発酵させる)ことが有効であり、そのエネルギー源として「水溶性食物繊維」が必要となります。

短鎖脂肪酸を活用する仕組み

※炎症性サイトカイン:腸障害(過敏性腸炎等)などの炎症を引き起こす生理活性物質。
※β-グルクロニダーゼ:発ガン物質の前駆体であるβ-グルクロニドに作用してガンを誘発する酵素。

例えば過敏性腸症候群に大きなマーケットが

学校や職場など、あらゆるところでストレスのかかる現代社会。ストレスによる過敏性腸症候群(下痢や便秘)は、年齢問わず非常に多くの方が自覚症状を持っていると言われています。 

短鎖脂肪酸の産生に、最も有効な「水溶性食物繊維」は?

「水溶性食物繊維」として国内で利用されている主なものを比較すると、グアーガム酵素分解物は短鎖脂肪酸の中でも特に有用な酪酸の産生量が最も多いことがわかります。

 

なぜグアーガム酵素分解物は優れた効果を発揮するのか

グアーガム酵素分解物は、腸内発酵によりほぼ100%分解されます。そのため酪酸の産生量も多くなり、生理効果の発揮につながると考えられます。

これからの食物繊維の考え方

これまで便通改善など腸内環境改善効果中心に注目を集めてきた食物繊維ですが、今回ご紹介したように、これからは「短鎖脂肪酸」をキーワードにした新しい食物繊維の生理効果を活かした商品開発が期待できます。

従来食物繊維は栄養学上エネルギーにならないと考えられ、0kcalとされてきましたが、その後の研究により、大腸内で発酵分解を受けるものがあることが明らかになりました。厚生労働省は平成15年4月1日適用の栄養表示基準の一部改正により右のような変更を行いました。
つまり、エネルギー値が高い程、短鎖脂肪酸(酪酸)の産生量が多いことを意味しています。

前のページに戻る

ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら