ホーム > 技術・研究情報 > 学術・論文報告 > L-テアニンα波を導いてストレスフリーに

学術・論文報告

L-テアニンα波を導いてストレスフリーに

L-テアニンのリラックス効果

L-テアニンを摂取した際の脳波の変化について検証した結果、L-テアニン摂取30分以降にアルファ波の発現が活発化することが認められました。
アルファ波はリラックス時に発現する脳波として知られており、これによりL-テアニンのリラックス効果が確認されました。

L-テアニンの集中力向上作用

成人男性18名を対象に注意力計を用い、1~9の数字を2.6Hzの速さでランダムに出現した場合の正答率に及ぼすL-テアニンの作用を検証した結果、集中力が向上することが認められました。

L-テアニンの睡眠改善作用

成人男性を対象にL-テアニンを6日間摂取した時の睡眠への影響について検証した結果、起床時のリフレッシュ感の改善と睡眠中の中途覚醒時間の短縮が確認されました。

前のページに戻る

ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら