閉じる

私たちは、
食と生活を支える
研究開発型の
ソリューション企業です。

私たち太陽化学は、食品を中心に化粧品や化成品の素材を提供する会社です。
しかし、ただの「素材メーカー」ではありません。
素材を活用して、課題を解決し、ニーズに応える「機能」を提供するソリューション企業です。

太陽化学の社員、
ひとりひとりが
Imagine, Desire and Createの
精神を胸に活動しています。

Imagine

人類の未来に
向かっての熱い想い

将来、社会で必要とされる
「こと」「もの」に
好奇心を持ち、
その実現を目指して
地道な研究開発という
「チャレンジ」を続ける

Desire

高い目標を実現する
強い意志

「健康で豊かな社会を支える」
という強い想いを胸に
生み出した技術の種を、
幅広い分野へ
提供するために行動する

Create

人々を感動させる
価値の創造

好奇心と強い想いにより
生み出された“価値”を
安心・安全な品質で提供するために、
ものづくりの技術を磨き続ける

Imagine 人類の未来に向かっての熱い想い

研究開発を深く掘り下げる

将来、必要となる「こと」「もの」をつくるためには、
新たな機能の開発や改良が不可欠です。
それを実現するためには、
日々の地道な研究開発を継続するしかないと考えています。

「すぐに役立つかどうか分からない」
「研究内容が無駄に終わるかもしれない」
研究開発には、約束された成果も明確なゴールもありません。

しかし、太陽化学は、人類の未来に想いを馳せながら、
研究開発に取り組んでいます。

Imagine 人類の未来に向かっての熱い想い

研究開発を深く掘り下げる

ソリューションを生み出す源泉

研究開発の深さ 研究開発の深さ

4人に1人が研究開発職

社員約500人に対し、約130名が研究開発職に携わっています。
研究開発が太陽化学の根幹です。

日本初の3つの取組み

「食品用乳化剤の開発」「食品用乳化安定剤製剤の開発」「鶏卵加工品の企業化」という3つの日本初を誇ります。時代のニーズにいち早く反応し、そのニーズに対してお応えする新たなシーズを作ってまいりました。

国内外で60件を超える受賞歴

国内で50件以上、海外で10件以上の“技術”に関連する数々の受賞暦があります。特に近年は特許表彰が多く、食品関連の技術で中部発明表彰を10回以上受賞しています。

Desire 高い目標を実現する強い意志

製品群の幅広さ

1948年の設立当初、太陽化学は、石鹸の製造・販売を行なう会社でした。
その後、石鹸を製造する技術を活かして、日本初の食品用乳化剤の開発に成功し、
食品製造インフラが未整備な中でアイスクリームやキャラメルの生産を支援しました。

これは、一例です。太陽化学は、時代のニーズと技術を組み合わせることで、
新たな製品を数多く生み出し、扱う製品の幅を広げてきました。
今では、食に関わるほとんどの業界で、太陽化学の製品が活用されています。

製品の幅とその機能が多様な選択肢となり、
さらに新たなソリューションを生み出す源となっています。

Desire 高い目標を実現する強い意志

製品群の幅広さ

ソリューションを生み出す源泉

製品群の幅 製品群の幅

2,000品目以上の製品

太陽化学は「清酒メーカー以外なら、ほぼ全ての食品メーカーに提案ができる」と言われるほど、幅広い製品展開をしています。その裾野の広さから、様々なアプローチでの価値提供が可能です。

化粧品・化成品向けにも広がる製品

食品素材の研究開発で培った技術力を応用した製品展開を行なっています。
化粧品・化成品向けといった食品以外にも製品群を広げています。

営業の半分以上が研究開発経験者

研究開発職も営業を経験するジョブローテーションを制度化しています。
営業を経験することで視野が広がり、研究開発の幅も広がります。

Create 人々を感動させる価値の創造

安全・安心のものづくり

太陽化学は、世界の食と生活を支える企業です。
おいしさや豊かさ等、私たちが提供する機能は様々な価値を生み出しています。

しかし、その前提として、大切なことがあります。
食と生活を支える企業として、私たちが生み出す製品は、
安全で、安心を感じていただける製品でなければなりません。
いくら高機能の製品でも、安全・安心ではないものを提供するわけにはいきません。

太陽化学は、安全・安心を実現するために、
ものづくりの技術を磨き続けています。

Create 人々を感動させる価値の創造

安全・安心のものづくり

ソリューションを生み出す源泉

安全・安心の取り組み 安全・安心の取り組み

幅広い品目の多くを自社工場にて生産

製品のほとんどを、国内2拠点と海外4拠点で生産しています。製造現場のひとりひとりが「安全な品質」を第一に考え、より良い製品づくりに取り組んでいます。

世界レベルの品質マネジメント体制

世界的な食品安全管理標準規格であるGFSI認証スキームによる品質マネジメントを品質保証の根幹とし、独自の品質保証システム(TQTC)で原料から製品までの情報を一元管理し、正確かつ迅速な情報提供体制を整えています。

外部機関による品質担保

品質の保証に客観性を持たせるため、工程内分析等を除いた分析成績書(COA)に記載する公定法等による最終検査は、主として外部独立機関である財団法人「食品分析開発センター SUNATEC」に委託しています。

Create 人々を感動させる価値の創造

新たな価値を生み出す
コミュニケーション

研究開発力があり、提供する製品・機能の幅が広い。
これだけでは、効果的なソリューションを提供することはできません。

市場や顧客のニーズを知る。課題の解決方法を話し合う。

これらのコミュニケーションの中で、
新しい価値は生まれるものだと考えています。

太陽化学は、効果的なソリューションを提供するために、
お客様や市場とのコミュニケーションに力を入れています。

Create 人々を感動させる価値の創造

新たな価値を生み出す
コミュニケーション

ソリューションを生み出す源泉

コミュニケーション コミュニケーション

共有する場をつくる

「おいしさ」や「ここちよさ」といった言葉で共有することが難しい価値を共有し、より良い製品作りのお手伝いをするために「おいしさ科学館」というコミュニケーションの場を運営しています。

伝える場をつくる

お客様の様々な課題や要望にいち早くお応えするめに、東京にアプリケーション開発部門を設けています。太陽化学が生み出す価値を具体的な「モノ」として分かりやすく表現し、トレンドを踏まえた「コト」として提供することで、お客様の製品開発をサポートします。

広がる場をつくる

「太陽化学とお客様」のみならず「お客様同士」のコミュニケーションも大切に考えています。技術情報セミナーの開催等、太陽化学がお客様同士のハブステーションとなれるようなコミュニケーションの場の提供に努めています。

Imagine, Desire and Create の
精神に基づく活動が
研究開発型のソリューションを
生み出します。

研究開発型のソリューションを生み出す構造

研究開発型のソリューションを生み出す構造 研究開発型のソリューションを生み出す構造
課題を解決し ニーズに応える「機能」を提供する ソリューションを生み出す 課題を解決し ニーズに応える「機能」を提供する ソリューションを生み出す

研究開発型のソリューションを生み出す相関図

太陽化学 太陽化学
コミュニケーション コミュニケーション
市場・顧客 市場・顧客

「研究開発を深く掘り下げる」「製品群の幅広さ」「安全・安心のものづくり」「新たな価値を生み出すコミュニケーション」

太陽化学の精神から生まれるソリューションの源泉を有機的に結びつけることで、機能を提供するソシューションを生み出す。
だから、太陽化学は、「研究開発型のソリューション企業」なのです。

ソリューション企業に至る道のりは、
太陽化学の歴史そのものです。

太陽化学の歴史

1940~60年

おいしさを支える素材を生み出す
その技術をより幅広い分野へ

時代背景

  • 設立当時(1948年)、物資が不足し、人々は貧困・栄養不足という問題に悩まされる
  • 食品製造のインフラは未整備で、生産の安定性に課題

太陽化学の歩み

  • 合成技術を活かした石鹸の製造・販売を行う
  • 石鹸を製造する界面制御技術を活かし、食品を効率よく生産するための素材として日本初の食品用乳化剤の開発を実現(マーガリンやアイスクリームなどで活用)
  • アイスクリーム向けに日本初の食品用乳化安定剤製剤を開発

今に繋がる流れ

  • 乳化剤と安定剤を活用した「界面制御技術」は時代を経る毎に活用の幅を広げ食品業界はもちろん、化粧品や工業品の分野にも進出
おいしさを支える素材を生み出す その技術をより幅広い分野へ おいしさを支える素材を生み出す その技術をより幅広い分野へ

1960~80年

おいしさの幅を広げる
様々な製品を開発

時代背景

  • 高度成長期を迎え、大量生産・大量消費の時代へ

太陽化学の歩み

  • 大量生産化を見据え、これまで家内工業に近かった鶏卵加工品に企業として初めて取り組み始める
  • たまごの持つ保水力やゲル化力の活用、酵素処理や水分活性制御など様々な技術を開発し、1982年には「鶏卵の高度加工技術の開発」で科学技術長官賞を受賞
  • 大量生産化の時代を超えた後の「差別化」の必要性を予測し、凍結粉砕、凍結濃縮、マイクロ波加工、エクストルーダーなどの加工技術を駆使、様々な先進素材を開発

今に繋がる流れ

  • 加工食品のラインナップの幅が大きく広がったのはこの時期、今日の製品群の幅の広がりの礎となる
おいしさの幅を広げる様々な製品を開発 おいしさの幅を広げる様々な製品を開発

1980~2000年

おいしさの先の付加価値である
「健康」を支える素材の開発

時代背景

  • 健康・こだわりを満たす付加価値を求める時代に突入

太陽化学の歩み

  • 緑茶抽出物、水溶性食物繊維などの健康機能性素材の開発を進め、付加価値を追及
  • 研究から生み出された機能性素材は、多くが国際展示会であるIFEやFIEで表彰を受ける

今に繋がる流れ

  • 製品の機能性を深く探求し、本当に良い素材を提供するために原料調達地に自社工場を建て、安心安全かつエビデンスのある機能性素材を提供
  • 米国に現地法人「タイヨーインターナショナルインク」を設立し、海外進出の足ががりとする
おいしさの先の付加価値である 「健康」を支える素材の開発 おいしさの先の付加価値である 「健康」を支える素材の開発

2000年~

化粧品向け原料の拡充とグローバル展開

時代背景

  • 国内消費が縮小しグローバル展開や他業種への展開が必須になることを見越した動きが広がる
  • 安心・安全な素材提供が重要視されるようになる

太陽化学の歩み

  • 食品で培った技術をベースに、化粧品向け原料を本格的に展開
  • 生産拠点として、インド、中国へ進出
  • 販売拠点として、中国、韓国、東南アジアへ進出

今に繋がる流れ

  • 機能性素材の販売を中心に海外での売上を伸ばし、近年では海外売上比率が15%ほどを占めます。国内で培ったソリューションを活かし、さらにグローバルに活動の幅を広げようとしています。
化粧品の拡充とグローバル展開 化粧品の拡充とグローバル展開

それぞれ時代の要請に
応え続けることで
ソリューション企業へと
変遷してきた太陽化学。

そして、未来。

素材の「機能」を
提供することで
世界の人々の健康と
豊かな生活文化に貢献します。

Imagine, Desire and Createの
精神を胸に

太陽化学のメールマガジン

太陽化学からみなさまへ情報提供のためにお送りしています。
「情報と出会うキッカケ」となれば幸いです。
知ってトクする「技術・製品・提案情報」をお届けします。

お問い合わせ

製品情報、IR、その他のお問い合わせは
下記ページからお願いいたします。