閉じる

食と健康Lab

食と健康Lab 食と健康Lab

太陽化学コラム 太陽化学コラム 太陽化学コラム

トレンド通信

トレンド通信
  • 免疫力アップのススメ!感染症に打ち勝つ身体づくりとは?

    免疫とは、私たち人間や動物が持っている、身体を健康に保つための自己防衛機能のこと。普段は意識していなくとも、私たちの健康を支えてくれる縁の下の力持ちのような存在です。この免疫システムがあるおかげで、細菌やウイルスなどといった毎日接する病原体が身体に侵入しないように防いだり、体内にできたがん細胞を排除したりと、私たちは何不自由ない生活ができている、といっても過言ではありません。

  • 人に、環境に、優しい素材。

    全ての人々が豊かで、平和に暮らし続けられる社会のために。近年、ますます環境や社会に向けた取り組みが重要視されつつあります。私たち素材メーカーも、製品そのものの機能だけではなく、その製品の原料から生産まで、そしてお客様にご利用いただいた際の環境・健康への配慮まで、視野に入れて考えていくことを責務と感じています。

  • フードロス削減へ!今、私たちにできること

    誌面やニュースを賑わすようになった、“フードロス”という概念。2015年の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」において掲げられた「持続可能な開発目標(SDGs)」のターゲットにも盛り込まれるなど、関心が日に日に強まってきています。

  • 血糖値から効く!健康にも美容にも、桑葉のチカラ

    健康に気をつけている人であれば聞いたことがあるかもしれない、“桑葉”という素材。実は、様々な人に嬉しい機能を有している植物なんです。
    桑葉は古くから、主に蚕の餌として、広く栽培されてきました。一方で、「日本最古のお茶の本」とされている喫茶養生記にも書かれているように、桑から抽出したお茶には中風や脚気、糖尿病などに効果があるとして、健康増進目的で飲用されてもいたと言われています。

  • 注目のスポーツニュートリション素材をピックアップ!

    2020年。待ちに待った東京オリンピックの開催が、近づいてきています。観戦チケットが取れた人も外れた人も、そもそも抽選に参加すらしていない人も、活躍する選手の姿を見て、少しずつ浮足立ってきたこの時期。あえて観戦する立場ではなく、奮起されて自らスポーツに取り組んでみるチャンスと捉えてみませんか。

  • ナチュラル素材が求められる今こそ!お茶のチカラで口腔ケア

    一口に「オーラルケア」と言っても、口臭、虫歯、歯周病と、口腔内には様々なケア対象があります。さらに、そのケアの仕方にも、歯磨きや歯間ブラシをはじめマウスウォッシュや舌ブラシ、ひいては普段の食生活など、非常に幅広い選択肢があります。その上、オーラルケアに有効な素材も多種多様に存在し…。といったように、オーラルケア製品の組み合わせを考えていくと、きりがありません。

  • 身の回りに潜む感染症。あなたはどう戦いますか?

    少子高齢化、医療技術の発展、社会保障に対する将来的な不安・・・日本の医療を取り巻く環境は、常に変化を続けています。「元気で健康的な毎日を送りたい」。それはどのような環境であっても、年齢にも国にもよらず、すべての人が願うこと。健康であり続けるための考え方の一つとして、「予防医学」があげられます。今回はその中でも、感染症への対策に注目しました。

  • ペットの世界にも広がる、お茶のチカラ

    お茶と言えば、どんな風に使いますか?ほとんどの答えは「飲む」、「料理に使う」、「お菓子に使う」、「掃除に使う」、もしかしたら「染める」なんて答える人もいるかもしれません。これらはさまざまな答えに見えて、いずれも「人のため」を前提とした使い方、と捉えることができます。

  • 世界が注目する新たなスーパーフード、“モリンガ”に迫る

    “モリンガ”という木をご存知でしょうか?日本では馴染みのない名前だと思います。それもそのはず、モリンガはインドを中心とした南アジアの地域やアフリカ・南米などが原産で日本では自生していない植物です。“モリンガ”を知っている、という方は世界のトレンドに敏感なのでは?

  • 「腸の健康」を保つための新しい食生活!『低FODMAP』な食生活とは?

    現在日本で女性を中心に大変注目されている『腸活』、腸内フローラを改善するための生活や食事法が雑誌で特集され、SNSなどでも盛り上がりを見せています。この盛り上がり、日本だけなのか?というとそういう訳でもなく、健康意識先進国のアメリカでは、ここ2,3年で乳酸菌などのサプリメントが大変人気であり、その流行に日本も追いついてきたといった感じでしょうか。

  • 腸内細菌へのエネルギー供給がカギ!食物繊維と腸内環境改善の関係性とは

    『食物繊維』というと、「人の消化酵素で分解できない難消化性成分」と定義され、ひと昔前までは便秘改善のために摂るというイメージが強く、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を自身の体調に合わせて摂取するというくらいの区別の仕方しかありませんでした。近年では、食物繊維の機能性研究が進み、食物繊維には血糖値上昇抑制の効果や腸内フローラへの影響があることが認知され始めました。

  • リラクゼーションドリンクに集中力アップを期待!

    仕事や勉強を頑張るあなたの力強い味方・・・ひと昔前までは何かを成し遂げるのをサポートする飲料として重宝された「栄養ドリンク」ですが、近年は「エナジードリンク」の大ヒットに押されつつあります。特に、若者は見た目から勤勉そうな雰囲気を醸し出している栄養ドリンクよりもス

  • トレンド先取り!?『オーガニック』の食物繊維、考えてみませんか?

    食品や加工食品など選ぶ際に『オーガニック』を意識したことはありますか?スーパーなどの生鮮売り場で『有機野菜』を見かけることはありますが、調味料などの加工食品や健康食品・サプリメントとなると『オーガニック○○使用』を謳った商品の専門店や通信販売

  • スポーツをされる方、必見!コンディションを整える3つの要素

    スポーツをする人の目的はさまざまです。本格的に記録を出したい人、代表選出を目指す人、趣味として楽しみたい人、仲間と交流したい人。しかし、スポーツをする全ての人に共通するのは、少しでも良いコンディションでスポーツがしたいと望んでいること、ではないでしょうか。体のコンデ

  • ずっとおいしく健康に。「低糖質麺」でも“こだわりの食感”を実現したい!

    日本人の大好きな「麺類」。麺類の発祥は諸説ありますが、少なくとも紀元前にはその原型となる麺類が地球上で誕生し、1,000年以上前には日本に伝えられたと言われています。日本の麺といえば伝統の「そば・うどん」というイメージが浮かぶと思いますが、今ではパスタや東南アジア文化の米粉麺など様々な種類の麺文化があふれています

展示会レポート

展示会レポート
  • Food ingredients Asia 2019~バンコクから送る、ASEANの最新レポート

    急成長を続けるASEAN地域。すでに多くの日本企業も展開を進め、その市場を攻略すべく取り組みに励んでいます。Food ingredients Asia(Fi Asia)は、この地域で二十余年にわたり食品・飲料に関わる原材料サプライヤーを集結させ、ビジネスにつながるネットワークづくりに寄与してきた展示会です。世界的に見ても注目に値する市場規模を有するASEANで行われるこの展示会には、70ヵ国以上から2万人を超える来場者が集います。

  • アメリカの健康・自然食トレンドをお届け!Natural Products Expo West 2019

    Natural Products Expo West は世界最大の健康食品及び自然食品関連の見本市であり、年々出展数も来場者も増加している今注目の展示会です。2019年は3月5日から9日にかけてアメリカ合衆国カリフォルニア州アナハイムで開催され、出展数約3,600社、出展国136ヶ国、来場者は86,000名を越える盛況ぶりでした。

  • アメリカ化粧品原料展示会への出展~低刺激で高機能な界面活性剤のご紹介~

    食品向けで幅広い原料を展開している太陽化学ですが、これまで食品原料で培ってきた技術を応用し、化粧品原料への展開も拡充しております。現在、日本の化粧品市場は世界第3位ですが、アメリカは世界最大の化粧品市場であり、太陽化学では、この市場への素材紹介のため2018年10月17日~18日にニューヨークJacob K. Javits Convention Center にて開催されたin-cosmetics North Americaに出展しました。

  • 求められるのは+αの価値?~アメリカの食物繊維市場~

    アメリカから日本に波及して定着したトレンドである“腸の健康(Gut Health)”、2015年以前から注目度が高まり、腸の健康のための食事法やサプリメントの市場が爆発的に伸びました。現在も、“腸の健康”への興味関心は深く、健康関連の展示会ではそのための素材が多く出展されています。

  • ヨーロッパの食トレンドとは!?~Food Ingredients Europe 2017~

    2017年11月28日~30日、ドイツのフランクフルト、Messe Frankfurtにて開催されたFood Ingredients Europe (FIE)に出展しました。本展示会はHealth Ingredients Europe (HIE)と隔年で開催される展示会であり、HIEが機能性素材の展示会であるのに対し、FIEは食品原料に関わるヨーロッパ最大規模の展示会です。次回は2019年12月にフランスのパリで開催されることが決定しています。

  • 急速に発展するタイの食品市場はどこへ向かうのか?~FIA2017~

    2017年9月13日(水)~15日(金)、タイの首都バンコクのBITEC展示場にて開催されたFIA (Food Ingredients Asia) 2017に出展しました。本展示会はアジア地区では最大規模の食品素材・添加物関係の展示会であり、2年毎にバンコクで開催されます(その間の年はインドネシア、シンガポールなど他の国で開催)。

  • アメリカの健康志向トレンドをお届け!食品添加物展示会“IFT18”展示会レポート

    IFT(Institute of Food Technologist)は食品に関する国際会議・展示会で、2018年は7月16日~18日にイリノイ州シカゴで開催されました。今回の出展数は1,200社、出展国は90ヶ国、学術セッションは100件、来場者が23,000名を越えるアメリカでも大規模な展示会です。

  • ヨーロッパの食品向け機能性素材市場

    出生率が下がり縮小が見込まれる国内市場、日本のメーカー各社様とも海外の市場に目を向けられていることと思います。太陽化学も従来より海外展開に力を入れており、実は海外での売上比率が1割を超えており、上場食品メーカーとして国内上位に入ることはご存知でしょうか。
    海外でのビジネスチャンスを掴むきっかけ

  • 機能性表示食品制度とナチュラル志向~食品開発展2017~

    2017年10月4日から6日の3日間、東京ビッグサイトで食品開発展2017が開催されました。本展示会は、アジア最大の機能性素材・健康素材と安全・品質関連技術の専門展示会です。主催者によると、3日間の来場者数は4万人以上で、盛況のうちに終わりました。弊社ブースにも大変多くのお客様にお立ち寄りいただきましたこと、改めて御礼申し上げます。

  • 化粧品分野への新たな提案 “ここちよさ”の追求

    2015年6月3日から5日の3日間、横浜国際平和会議場(パシフィコ横浜)において、CITE Japan 2015(第7回化粧品産業技術展)が開催されました。本展示会は2年に1回開催され、化粧品原料における展示会としては国内最大級であり、世界的に見ても化粧品の最新技術、素材が一堂に会する展示会です。主催者発表によりますと、3日間でのべ30,000人以上の方が来場され、盛況な展示会となりました。

  • お菓子作りをサポートする太陽化学の素材をご紹介! ~お伊勢さん菓子博2017~

    2017年4月21日(金)から5月14 日(日)まで、三重県営サンアリーナ及び周辺にて『お伊勢さん菓子博2017(第27回全国菓子大博覧会・三重)』が開催されました。

  • 伊勢志摩サミット/三重県情報館に太陽化学の「TMPS-Pt担持触媒」出展!

    G7 2016伊勢志摩サミットにおいて、多様な三重の魅力を発信するため、 三重県が国際メディアセンター内に設置する「三重情報館」に、 「TMPS-Pt担持触媒」を出展しました。
    「三重情報館」は、国内外の報道関係者の拠点となる国際メディアセンター内に設置され、「伝統と革新~和の精神~」をコンセプトに、豊かな歴史、文化、自然、食、産業など、三重の多彩な魅力を発信する施設です。

太陽化学のおはなし

太陽化学のおはなし
  • タイヨーラボ・ショップ、東京都港区にオープン!

    2020年2月10日、太陽化学東京本社に、『タイヨーラボ・ショップ』がついにオープンしました!サプリメント販売子会社であるタイヨーラボ初の実店舗というこちらのショップ、いったいどんなところなんでしょうか?気になる詳細を取材してきました。

  • 【インド×太陽化学】オーランガバードの工場「TAIYO KAGAKU INDIA」に密着!

    太陽化学とインドとの関係は、古くは30年以上前にさかのぼります。1989年にインドを主産地とするグァー豆を原料とするサンファイバーの製造販売を開始、2004年には現地に製造子会社を設立。以後もインドが主な原産地であるアムラやモリンガの研究を通して、インドとの関わりを深めてきました。

太陽化学のメールマガジン

太陽化学からみなさまへ情報提供のためにお送りしています。
「情報と出会うキッカケ」となれば幸いです。
知ってトクする「技術・製品・提案情報」をお届けします。

お問い合わせ

製品情報、IR、その他のお問い合わせは
下記ページからお願いいたします。