閉じる

太陽化学のCSR

太陽化学のCSR 太陽化学のCSR

太陽化学グループが取り組む社会的責任

太陽化学グループは、社会から信頼され、必要とされる企業を目指します。
一人ひとりの社員が企業理念である「好奇心、そして行動」の精神の下、
社業に取り組み「進化」し続けることが、太陽化学グループの社会的な責任であると考えます。

経営基盤の確立

当社は、あらゆるステークホルダーに対し、責任を果たすため、社会における存在意義・目的を明確にして、コーポレートガバナンスに取り組んでいます。

コーポレートガバナンス体制

企業が健全で永続的な成長を続けるためには、経営陣の素早い意思決定と、それを実行に移す体制が重要です。
当社は、取締役の員数のスリム化、任期の1年への短縮、経営審議会や執行役員の導入、取締役会全体の評価・分析、会計監査人候補の評価など、さまざまな仕組みづくりを行ってきました。 取締役会で経営の迅速な意思決定を行い、監査役会にて企業の透明性を高めています。

コーポレートガバナンス体制 コーポレートガバナンス体制

コンプライアンス体制

当社では、業務の執行に関して法令や社内規定の遵守を図ると共に、当社行動規範とコンプライアンスルールの制定、コンプライアンス委員会の設置など、コンプライアンス経営を推進しています。

危機管理体制

危機管理要綱を制定して自主保安管理体制の強化に取り組み、自然災害や事故を想定した緊急事態対応訓練を各事業所ごとに実施して、被害拡大防止に備えています。

均等・両立推進企業表彰 「均等推進企業部門」三重労働局長奨励賞受賞

三重労働局長奨励賞受賞

三重労働局長奨励賞受賞

当社は、「男女が共に幸せな会社を目指す」ことを目標に、仕事と家庭の両立とあわせ、女性労働者のみならず全ての労働者が能力を十分発揮できる職場環境整備に向けた取り組みを進めていることが評価され、三重労働局より平成21年度の均等・両立推進企業表彰「均等推進企業部門」三重労働局長奨励賞を受賞いたしました。

安全・安心への取り組み

安全・安心な製品を提供することは、食品原料を扱うメーカーとしての責務です。
私たち太陽化学は、おいしさや機能の提供だけにとどまらず、安全・安心を通じて人々の健やかな生活を守る義務があると考えています。
年々高まる消費者の「食の安全」への意識に応えるべく、常に最新・最高レベルの安全・安心の実現をめざしています。

太陽化学の品質方針

太陽化学では経営課題の一つとして「品質管理」を掲げており、その対処方針を「品質方針」として公開し、共有しております。

  • 私たちは、食品関連法規を遵守し、安全・安心な製品をお客様へ提供します。

  • 私たちは、製品の安全性を確保するため、品質システムを確立し、維持します。

  • 私たちは、HACCP(ハサップ)を品質システムの基盤とします。

  • 私たちは、製品の安全性に問題が生じたときの報告義務を徹底します。

  • 私たちは、品質システムを毎年見直し、改善します。

上記の品質方針のもと、
「Food Safety」「Food Defense」「Food Quality」「Food Communication」という食の安全管理の指針に基づき、食品安全管理標準規格の導入や、従業員の安全衛生教育の充実、お客様への迅速・的確な情報提供などの実施により、安全・安心な品質保証体制の構築を推進しています。

安全・安心を守る取り組み

世界的な食品安全マネジメントシステムの導入

確かな製品をお届けするために、世界的な食品安全管理標準規格であるGFSI※認証スキーム(国内工場:SQF、JFS-C、海外工場:FSSC22000)による品質マネジメントを品質保証の根幹とし、安全な品質の確保に努めています。

国内の製造工場

南部事業所の3工場と塩浜事業所の2工場において、
SQF レベル2の認証を取得しております。

海外子会社(生産工場)

FSSC22000、KosherやHalalなど、各工場にて取得を進めております。

  • GFSI(グローバル・フード・セーフティ・イニシアチブ)
    GFSIは、2000年5月、食品事故が立て続けに生じる中、食品安全に取り組むことの重要性に同意した世界中の小売業やメーカー、フードサービス業、並びに食品サプライチェーンに関わるサービス・プロバイダーから業種を超えて食品安全専門家達が集まり、協働して食の安全に取り組む組織として設立された団体であり、食のグローバル化が進み、複雑化した食品のサプライチェーン全体の安全性の向上を目指しています。

食品業界標準の品質情報システムの導入

太陽化学では、食品業界で広く利用されている「メルクリウス/Merqurius」という品質情報システムを採用しています。このシステムの中で原料から製品にいたるまでの様々な情報を一括して管理することができるとともに、さらに食品企業同士でも品質に関する情報を交換し合えることが可能となります。品質に関して食品企業に求められるレベルが高度化かつ複雑化していく中で、製品の品質情報をシステムで一元管理していくことにより、お客様へ安全・安心を提供して参ります。

お客様へ良品をお届けするための検査・出荷体制

太陽化学では、製品の品質を確認するために、外部の検査機関である財団法人「食品分析開発センター SUNATEC」に製品の検査を委託しております。検査の結果は、お客様と約束している規格(製品仕様)と照合されてシステムの中で自動的に合否判定され、合格品のみが出荷されます。また、不合格となった製品は出荷の割当てから自動的に外されることにより、不良品がリリースされることを防止しております。これら検査から出荷までの一連の手続きを通して、出荷される製品の品質を確保しております。

品質保証を担う人財の育成

品質保証を実際に現場で日々担うのはそこで働いている人たちです。どれほど先進的な機器やシステムが導入されたとしても、それを管理して運用するのは人であるため、人の教育と訓練は欠かせません。太陽化学では、品質保証を現場で担う人財の育成に積極的に取り組んでいます。具体的には、食品を取り扱う上で必須の一般衛生教育(年6回)、過去のトラブルやクレームの再発防止を目的とした品質委員会(年12回)、食品安全の骨子となるHACCPミーティング(随時)など、様々な活動や機会を通して人のレベルアップを図っており、製品の安全・安心の向上に努めております。

環境への継続的な取り組み

太陽化学は事業活動のあらゆる面において、環境負荷の低減に努めています。
環境管理委員会を設置、環境マネジメントシステムの全社的な運用を行うことにより、環境法令の遵守、CO2排出量削減、廃棄物の発生抑制及びリサイクル化など全社的な環境活動を積極的に行っています。
この取組みが評価され、2009年には食品産業優良企業等表彰環境部門において農林水産大臣賞を受賞しました。

廃棄物リサイクル率100%

日々の改善活動を通じて、廃棄物の発生抑制に努めています。サーマルリサイクル(熱エネルギーとしての利用)やマテリアルリサイクル(飼料・肥料としての活用)など、再生利用促進を行い、最終処分量(焼却、埋め立て)の削減に努めています。廃棄物のリサイクル率100%を達成しております。

厳しい排水処理管理基準

厳しい排水処理管理基準

工場のある南部事業所では、最新式の排水処理設備ICを導入し、公共下水の規制値600ppmの60倍厳しい値である10ppmのレベルで工場排水の処理を行っています。
排水管理には、処理の前段階での個人の取組みも重要であるため、排水処理についての社内勉強会も継続的に行っています。

エネルギー管理強化

エネルギー管理強化

2016年度より、国内工場のある2事業所の使用エネルギーを見える化して一元管理を行っています。10数個の各工場での使用エネルギー量を把握することで、より効果的に使用量管理と削減意識を高めています。
エネルギー使用量が多くなる夏場には節電対策会議を継続して行い、ピーク時の電力使用量削減に努めています。これらの取組みの結果、2017年のCO2発生量は2007年と比較して18%ほど削減しております。

社会貢献活動

太陽化学の研究開発は、いつも「人」へ向かっています。自分たちの持っている技術で何ができるか、どう改良すればもっと人を幸せにできるのか・・・この想いを常に胸に秘めながら、太陽化学は研究開発を進めています。
人々の健康で豊かな生活を形あるものにするため、テーマや目的を同じくするアカデミックとの共同研究、病院との連携など、国内外で様々な取り組みを行い、外部機関との共同研究の数は50件を超えています。

発展途上国の鉄欠乏性貧血症の撲滅運動

鉄分は、健康に生活するために必要不可欠な栄養素です。鉄の欠乏は、特に子供の発育や知能の発達を妨げ、母子の健康にも深刻な悪影響を及ぼし、死亡率増加の原因となります。さらに成人後にも、労働力の低下や人材の育成を阻害し、社会全体の生産性の低下を招いて貧困の増長の一因となっており、今なお世界中で35億人以上の心身の健全な発育を妨げているのが現状です。
当社は、ILSI Japan CHP(特定非営利活動法人 国際生命科学研究機構健康推進協力センター: International Life Sciences Institute Japan Center for Health Promotion)と共同で、それぞれの地域の食生活パターンに合わせて、米などの主食に不足している鉄分を添加し、毎日の食事を通して欠乏栄養素を補給することにより、発展途上国の鉄欠乏性貧血症を撲滅する運動を続けています。

発展途上国の鉄欠乏性貧血症の撲滅運動 発展途上国の鉄欠乏性貧血症の撲滅運動

セミナー、シンポジウムや研究会の開催

アカデミックや企業のみなさまとの繋がりを大切に考え、その交流の輪を更に広げて産業全体の活性化をすることも目的に、セミナーやシンポジウムを開催しています。

抗酸化・機能研究会の開催(旧Antioxidant Unit 研究会)

抗酸化・機能研究会の開催(旧Antioxidant Unit 研究会)

食品の抗酸化、機能研究に関する産学官連携を推進することを目的に2018年4月に設立されました「抗酸化・機能研究会」は、大澤俊彦・愛知学院大学客員教授や吉川敏一・前京都府立医科大学学長など農学・医学分野の抗酸化の権威が中心となり、日本の主だった食品製造、流通企業など約百社が加わって活動を進めています。

『生命との対話』を共通テーマとしたシンポジウムの開催

『生命との対話』を共通テーマとしたシンポジウムの開催

人々の健康増進とその意識向上に貢献することを目的に、『生命との対話』を共通テーマとして、常に新しい時代に沿ったシンポジウムを開催しています。

シンポジウムのあゆみ

1992鶏卵高度利用のための最新の科学
1994茶の文化と科学
1996国際ダイエタリーファイバーシンポジウム
1999国際ミネラル・ビタミンシンポジウム -生命との対話-
2002国際ブレインニュートリションシンポジウム -生命との対話-
2005国際「こころと栄養」シンポジウム -生命との対話-
2013「医と食」シンポジウム -生命との対話-

太陽化学のメールマガジン

太陽化学からみなさまへ情報提供のためにお送りしています。
「情報と出会うキッカケ」となれば幸いです。
知ってトクする「技術・製品・提案情報」をお届けします。

お問い合わせ

製品情報、IR、その他のお問い合わせは
下記ページからお願いいたします。