閉じる

太陽化学のCSR

太陽化学のCSR 太陽化学のCSR

地球のために 
~環境への取り組み~

私たちは、人と地球に優しい企業として、事業活動における環境への影響を考慮し、
地球環境の負荷低減に積極的に取り組んでまいります。

環境方針

当社は、食品素材メーカーとして自然の恵みに感謝し、人と地球にやさしい企業として、地球環境の負荷低減に積極的に取り組み、皆様に信頼される企業を目指します。

  • 1環境関連の法規制を遵守する。
  • 2省資源、省エネルギー対策を行う。
    電気/燃料(LNG、都市ガス、LPG、重油、ガソリン、軽油)/工業ガス/水/紙
  • 3廃棄物の削減・3Rを推進する。
  • 4排水の維持管理を強化する。
  • 5グリーン購入に配慮する。
  • 6環境目標を設定し、全従業員で取り組み実現を図る活動を推進する。
  • 7漏洩対策を徹底する。

環境への継続的な取り組み

太陽化学は事業活動のあらゆる面において、環境負荷の低減に努めています。環境管理委員会を設置し、環境マネジメントシステムの全社的な運用を行うことにより、環境法令の遵守、CO2排出量削減、廃棄物の発生抑制及びリサイクル化など、全社的な環境活動を積極的に行っています。この取り組みが評価され、2009年には⾷品産業優良企業等表彰環境部門において農林水産大臣賞を受賞しました。

環境目標と評価結果

国内工場を保有する南部・塩浜の2事業所では、地球温暖化対策を「事業活動を行うにあたっての重要な課題の一つ」としてとらえており、継続的に温室効果ガスの排出量削減に取り組んでいます。
温室効果ガスの排出量削減目標については、生産量を分母とする排出原単位を用いており、基準年に対して生産量原単位年1%削減することを目標として、地球温暖化対策に取り組んでいます。また、CO2排出量については、⾼効率設備の導⼊や燃料転換により約19%のCO2削減を実現しております。

南部・塩浜事業所 CO2 総排出量(ton) 南部・塩浜事業所 CO2 総排出量(ton)

環境教育

環境管理委員会にはエネルギー部会、排水部会、廃棄物部会を設置し、社員への教育と環境負荷低減への実効的取り組みを行っています。各部会では社員の意識向上を目的として定期的な勉強会を実施し、省エネルギー化や環境負荷低減への意識向上を図っています。

環境教育 環境教育

環境管理

廃棄物管理

日々の改善活動を通じて、廃棄物の発生抑制に努めています。サーマルリサイクル(熱エネルギーとしての利用)やマテリアルリサイクル(飼料・肥料としての活用)など、再生利用促進を行い、最終処分量(焼却、埋め立て)の削減に努めています。特に廃プラスチック関係では、減容化などの処理取り組みや原料容器のリユース促進などを行い、全体として廃棄物のリサイクル率97%を達成しております。

南部・塩浜事業所 廃棄物のリサイクル率(%) 南部・塩浜事業所 廃棄物のリサイクル率(%)

大気汚染防止

南部事業所では燃焼設備からの排気ガスについて、四日市市と協定を締結し、法規制よりもさらに厳しい基準を設定し、管理を徹底しています。燃料にはLNG(液化天然ガス)を採用し、硫黄酸化物(Sox)を低減しています。蒸気ボイラー設備においては低NOxバーナーを採用し、窒素酸化物の排出抑制に努めています。

南部事務所 総量規制グラフ SOx(N㎥/h) 南部事務所 総量規制グラフ SOx(N㎥/h)

水質汚濁防止を目的とした排水の水質管理

南部事業所では、処理後の排水を河川へ放流しています。河川放流は、下水道放流より環境への影響が大きく、排出基準値が厳しく設定されています。南部事業所は四日市市と協定を締結し、法規制より厳しい基準を設定し管理しています。排水処理設備では、放流水及び処理工程に応じた監視測定を行い、異常を早期発見出来る体制を整えています。
※塩浜事業所については、公共下水への放流となっております。

南部事業所 排水出口 水質データ(抜粋) 南部事業所 排水出口 水質データ(抜粋)

化学物質の管理

PRTR法(化学物質管理促進法)における対象物質の取扱量算定を適切に行っております。報告対象となる第一種指定化学物質は下記の通りとなります。

化学物質の管理 化学物質の管理

エネルギー管理強化

2016年度より、国内工場を保有する南部・塩浜の2事業所ではエネルギー使用量を見える化して一元管理を行っています。十数個の各プラントでの使用エネルギー量を把握することで、より効果的に使用量管理を行い、削減意識を⾼めています。エネルギー使用量が多くなる夏場には節電対策会議を開催し、ピーク時の電力使用量削減に努めています。⾷品製造においては衛生対策が強化され空調負荷が増加する中、⾼効率空調システムの導⼊などにより原単位改善に取り組んでいます。

太陽化学のメールマガジン

太陽化学からみなさまへ情報提供のためにお送りしています。
「情報と出会うキッカケ」となれば幸いです。
知ってトクする「技術・製品・提案情報」をお届けします。

お問い合わせ

製品情報、IR、その他のお問い合わせは
下記ページからお願いいたします。