閉じる

食と健康Lab

食と健康Lab 食と健康Lab

健康を支える研究と技術 健康を支える研究と技術 健康を支える研究と技術

便秘・下痢ともに改善する素材が機能性表示受理!
水溶性食物繊維「グアーガム分解物」

便秘・下痢ともに改善する素材が機能性表示受理!水溶性食物繊維「グアーガム分解物」

「お腹の調子を整える」というフレーズ、TVCMなどのメディアや商品パッケージ上など、様々なところでよく見かける言葉ではないでしょうか。「お腹の調子を整えることによって身体にもいい影響がある」という認識が浸透しつつあることから、様々な効果を期待してこのフレーズに惹かれる消費者も多いかと思います。特に、昔から「改善したいお腹の悩み」として注目されてきたのは、特に女性や高齢者に多いとされる「便秘」です。「お腹の調子を整える」というフレーズにそえてある文言を見ると、「便通の改善」など多くが便秘の解消に効果があることについて記載されています。
 しかしながら、改善したいお腹の悩みは便秘だけではありません。最近では、「下痢」も便秘に並ぶお腹の悩みとして増えてきています。
今回は「便秘」だけではなく「下痢」の改善も期待できる水溶性食物繊維「グアーガム分解物」を、そのメカニズムとともにご紹介致します

グアーガム分解物には、
【便秘気味の方のお通じ改善】と【下痢※になりやすい方のお腹の調子を整える】両方の機能が報告されています!

グアーガム分解物には、【便秘気味の方のお通じ改善】と【下痢※になりやすい方のお腹の調子を整える】両方の機能が報告されています!

一般に、お通じに良いとされる食物繊維。食物繊維の便通改善作用はかさを増して排便を促したり、便中に水分を取り込んで便を柔らかくしたりすることといわれています。しかし、便に水分を取り込む作用が強くなりすぎると、便に水分が含まれすぎてお腹がゆるくなってしまう場合があります。例えば、砂糖よりカロリーが低く虫歯になりにくい甘味料として用いられる糖アルコールとして、キシリトールやマルチトールが有名ですが、これらは一度に多量に摂取するとお腹がゆるくなることが知られており、原料として使われている食品には多量摂取時の注意喚起がしてあることもあります。
グアーガム分解物は、「グァー豆」という豆から作られた水溶性食物繊維の一種です。グアーガム分解物には、便秘気味の方のお通じ改善する機能が報告されている一方で、下痢※になりやすい方のお腹の調子を整える機能も報告されています。

  • 難消化性糖質を含む食品の摂取による一過性の下痢

グアーガム分解物の【便秘気味の方のお通じ改善】機能

健常な成人女性(46名)に、グアーガム分解物(食物繊維として)6.1g/日、2週間摂取させたところ、1週間の排便回数が4回以下の便秘傾向者において、対照食群と比較して、排便回数や排便量が有意に増加しました1)。

グアーガム分解物の【便秘気味の方のお通じ改善】機能

また、便秘傾向※の成人男女(男性12名、女性38名)に、グアーガム分解物(食物繊維として)5.2g/日、2週間摂取させたところ、プラセボ群と比べて、排便回数や排便量の摂取前と比べた増加量が有意に大きくなりました2)

  • 1週間における排便日数が3日から5日で排便回数が3回以上5回以下の者
グアーガム分解物の【便秘気味の方のお通じ改善】機能

お通じを改善するメカニズムは、腸内フローラの改善と短鎖脂肪酸の生成

腸内フローラが有用菌優位になると、腸の蠕動運動を促す短鎖脂肪酸が産生され、便通改善作用があることが知られています3)。グアーガム分解物を摂取したヒトの便を分析して腸内フローラを解析した結果、ビフィズス菌や酪酸産生菌といった有用菌が有意に増加することがわかりました4)。また、ヒトの糞便にグアーガム分解物を添加して培養したところ、短鎖脂肪酸の一種である酪酸が有意に増加することも報告されています5)。

1) 田中俊昭 他、健康・栄養食品研究(2000年、3号、2巻、45-52ページ)
2) 中川致之 他、健康・栄養食品研究(2008年、11号、2巻、1-14ページ)
3) Hamer HM. et al., Alimentary pharmacology & therapeutics, 27, 104-119 (2008)
4) Ohashi Y et al., Beneficial Microbes 6, 451-455 (2015)
5) Ohashi et al., Journal of Functional Foods 4, 398-402 (2012)

グアーガム分解物の【下痢※になりやすい方のお腹の調子を整える】機能

健康な成人女子大学生を対象とし、糖アルコールとともにグアーガム分解物を食物繊維として3.75gまたは7.5g摂取させたところ、82.1%で下痢※の方のお腹の調子を整える作用が確認されました6)。

  • 難消化性糖質を含む食品の摂取による一過性の下痢
グアーガム分解物の【下痢※になりやすい方のお腹の調子を整える】機能

下痢抑制のメカニズムは、腸管内の水分を保持と腸粘膜の維持

糖アルコールなどの難消化性糖質は、胃や小腸で消化・吸収されず、腸内の浸透圧が高くなるため、腸で水分が吸収されにくくなったり腸管に水分が流入したりして便の性状が水様便になり下痢を引き起こすことが知られています7)。
グアーガム分解物は分子量が約20,000の高分子な多糖類であるため、腸内の内容物と複合物を形成して腸内の通過時間を長くし、腸が水分を吸収する時間が長くなることで便に含まれる水分が減少するため下痢が抑制されると考えられています8, 9)。またグア―ガム分解物は短鎖脂肪酸の産生を促すことから、腸粘膜の萎縮や損傷を回復し、腸での水分吸収が良好となることも寄与しているとも考えられています6)。

6) Nakamura S et al., Eur J ClinNutr. 61, 1086-1093 (2007)
7) Robayo-Torres CC et al., ClinGastroenterolHepatol 4, 276-287 (2006)
8) Rao TP et al., Br Nutr 113,1489-1498(2015)
9)Meier R et al., J Parenter Enteral Nutr 17,231-235(1993)

機能性表示食品としての受理例

上記でご紹介した機能は、機能性表示食品として受理実績がございます。

  • 商品名
    サンファイバートリプル
  • 届出番号
    B602
  • 機能性関与成分名
    グアーガム分解物(食物繊維)
  • 関与成分量
    5.2g
  • 表示しようとする機能性
    本品にはグアーガム分解物(食物繊維)が含まれます。

グアーガム分解物(食物繊維)は、糖の吸収をおだやかにし、食後血糖のピーク値を抑える機能が報告されています。
グアーガム分解物(食物繊維)は、便秘気味の方のお通じを改善する機能が報告されています。
グアーガム分解物(食物繊維)は、難消化性糖質(※)を含む食品の摂取による一過性の下痢になりやすい方のお腹の調子を整える機能が報告されています。※難消化性糖質とは、消化酵素に分解されにくい糖質のことで、甘味料に使われる糖アルコールなどのことをいいます。
食後の血糖値が気になる方、便秘気味の方、難消化性糖質を含む食品の摂取による一過性の下痢になりやすい方に適した食品です。

  • グアーガム分解物の食後血糖のピーク値を抑える機能についてはこちらもご参照ください。

SRのご提供も可能!

グアーガム分解物を機能性関与成分とした機能性表示食品をご検討の方には、システマティックレビュー(SR)のご提供も可能です。詳しくはお問い合わせください。

(2017年11月)

太陽化学のメールマガジン

太陽化学からみなさまへ情報提供のためにお送りしています。
「情報と出会うキッカケ」となれば幸いです。
知ってトクする「技術・製品・提案情報」をお届けします。

お問い合わせ

製品情報、IR、その他のお問い合わせは
下記ページからお願いいたします。