閉じる

食と健康Lab

食と健康Lab 食と健康Lab

健康を支える研究と技術 健康を支える研究と技術 健康を支える研究と技術

緑茶カテキン

太陽化学とカテキンの研究

太陽化学とカテキンの研究

『お茶を飲む』という習慣は、約1,000年の歴史を持つといわれています。その発祥は中国であり、日本へは奈良・平安時代に伝えられたとされ、鎌倉時代にはお茶の健康機能や製法が書物として残されています。書物にも記されているように、お茶が健康へ寄与する有用性については、古くから注目を集め、そして科学技術の発展とともにその機能性の解明も進んできました。

緑茶カテキンの学術データ

ラットに緑茶カテキンなどを16週間経口投与し、体重増加への影響を検証した結果、緑茶カテキンとカフェインの組み合わせで有意な体重増加抑制作用が認められました。

関連記事

  • 全身の健康を緑茶カテキンでケア!?緑茶カテキンの幅広い機能性とは

    緑茶カテキンは健康機能面で長く研究されており、様々な生理活性があることが分かっています。緑茶カテキンの健康機能を身体の上の方から順番に簡単にご紹介致します。

  • お茶の成分で口腔ケア!「カテキン」の歯垢付着抑制効果

    4月の終わりから5月は新茶の季節です。最近では春先になると新茶や抹茶を使った商品で店頭がにぎわい、スーパーやコンビニなどでも身近にお茶の季節を感じることができます。お茶は、中国から日本に伝来したころ(約1200年前)には薬として重宝されてきたという歴史があり、庶民に広まってからも、お茶でうがいをすると風邪を引かない、茶殻に消臭作用があるといった、お茶に関する知恵が昔から知られていました。近年では、お茶に含まれる各成分の作用の研究が進み、例えばカテキンには抗酸化作用、抗菌作用などがあることが確認されています。

L-テアニン

太陽化学とテアニン

太陽化学とテアニン

お茶の成分の「L-テアニン」はご存知ですか?お茶の健康成分としては「カテキン」は多くの方がご存知ですが、「L-テアニン」はまだ知らない方も多いかもしれません。L-テアニンはチャノキ(Camellia sinensis)に存在し、その中でも最も多く含まれているアミノ酸です。緑茶や紅茶、特に玉露やかぶせ茶のような高級なお茶や新茶に多く含まれています。茶の旨み成分のひとつでもあり、緑茶自体の風味に大きく寄与しています。

テアニンの学術データ

L-テアニンを摂取した際の脳波の変化について検証した結果、L-テアニン摂取30分以降にアルファ波の発現が活発化することが認められました。アルファ波はリラックス時に発現する脳波として知られており、これによりL-テアニンのリラックス効果が確認されました。

関連記事

  • お茶の成分でリラックス?~睡眠・抗ストレスとL-テアニン~

    「癒し系」という言葉が国語辞典に載るほど定番となった『癒し』のニーズ。派手さや刺激が求められたバブル時代が終わり、経済が低迷しリストラや給与カットなどでストレスを抱える時代となったことを背景に「癒し」や「安らぎ」が求められるようになりました。90年代末ごろから、ふんわりやわらかな雰囲気を持つ女性アイドルが「癒し系」と呼ばれ人気となりましたが、今でもモテるのはやはり「ゆるかわ」な雰囲気の癒し系女子。ゆるさやがんばらないことが特長のキャラクターに人気があるのも癒しを求める今の時代ならではと感じるでしょう。旅行やエステなど、普段のがんばりに対するごほうびにも「癒し」や「リラックス」を求める傾向はまだまだ続きそうです。

  • 満足のいく睡眠を取りたい、そんなあなたに「テア眠」

    睡眠は、脳と体と心のリフレッシュにとても大切な時間です。しかし、多忙な現代人はいつも良い睡眠をとれるとは限りません。せっかく寝ても、疲労感が残る、なんだかまだ眠い、そんな睡眠では日中の活動にも影響してしまいます。ところが、日本人の約7割は、睡眠になんらかの悩みを持っていることが厚生労働省の調査であきらかになりました。

  • 冷え性改善効果をお茶の成分L-テアニンに期待!?

    冬場の「冷え」は当たり前ですが、夏でも冷房のひんやり感が苦手な方などは「室内で長袖で過ごしている」という方も多いのではないでしょうか?昔はシーズンものであったショウガなどの「体を温める」食品が夏場でも販売されていることからも、年中「冷え」への対応策が求められ、「温活」と称される市場は通年でニーズがあることが伺えます。

グアーガム分解物

太陽化学とグアーガム分解物

太陽化学とグアーガム分解物

みなさんは『グアーガム分解物』という言葉を聞いたことはありますか?最近徐々に認知度が上がってきている水溶性食物繊維の名前です。PHGGという名称でご存知の方もいらっしゃるでしょうか?太陽化学では、この「グアーガム分解物(PHGG)」に30年前から目をつけ、その機能性についての研究を進めてまいりました。

グアーガム分解物の学術データ

太陽化学㈱総合研究所ではグアーガム分解物(PHGG)や腸の健康にまつわる学術情報をお届けする「PHGG情報センター」を運営しています。PHGGの素材としての基本情報からその機能性の学術データまで、幅広くお届けします。

関連記事

  • 食後血糖のピーク値を抑える!グアーガム分解物(機能性表食品対応食品)

    太陽化学のグアーガム分解物が配合されたサプリメント「サンファイバー血糖」(届出番号 B388)が機能性表示食品とし受理されました。機能性関与成分は、「グアーガム分解物(食物繊維)」です。グアーガム分解物は、原料のグァー(Cyamopsistetragonolobus)豆種子に含まれる多糖類ガラクトマンナンを、酵素によって加水分解して低分子化した水溶性の食物繊維です。太陽化学ではグアーガム分解物の健康機能を長年にわたって研究してきました。

  • 便秘・下痢ともに改善する素材が機能性表示受理!水溶性食物繊維「グアーガム分解物」

    「お腹の調子を整える」というフレーズ、TVCMなどのメディアや商品パッケージ上など、様々なところでよく見かける言葉ではないでしょうか。「お腹の調子を整えることによって身体にもいい影響がある」という認識が浸透しつつあることから、様々な効果を期待してこのフレーズに惹かれる消費者も多いかと思います。特に、昔から「改善したいお腹の悩み」として注目されてきたのは、特に女性や高齢者に多いとされる「便秘」です。

  • ダイエットの課題、食後の満足感~空腹感とグアーガム分解物(PHGG)~

    健康志向が強まる中、「ダイエット」は世代・性別を問わず多くの方の関心事となっており、テレビや雑誌などでもさまざまなダイエット法が取り上げられています。低糖質ダイエットなどは挑戦するのも簡単であり、多くの方が試したことがあると思います。

  • 熱中症対策には水分補給方法がカギ!緩やかな水分吸収とグアーガム分解物(PHGG)

    ここ数年、35℃を超える猛暑日の多い夏が続いており、6~9月に熱中症で病院にかかった人は2013年には40万人を超えています1)。熱中症対策には、汗で失う水分と塩分(電解質)の補給が基本で、これまでにもいわゆるスポーツドリンクとして売られていた清涼飲料なども、水分だけでなく塩分も補給できるため熱中症対策に適しているといわれています。

  • 腸の健康と短鎖脂肪酸の関係性~短鎖脂肪酸を増やす水溶性食物繊維~

    「短鎖脂肪酸」は最近の研究で、腸内環境、便通、過敏性腸症候群など優れた効用をもたらすことが分かってきました。その「短鎖脂肪酸」と食物繊維との関係についてご紹介してまいります。

  • 次世代食物繊維「グアーガム分解物」を知り尽くせ!

    今注目の水溶性食物繊維「グアーガム分解物」をご存知でしょうか?第6の栄養素ともいわれる食物繊維ですが、一口に食物繊維と言ってもさまざまな種類があります。

  • 過敏性腸症候群(IBS)改善のために

    腸は“第二の脳”といわれ、脳との相関が高くストレスなどの影響を受けやすい臓器です。IBSとは精神的ストレスや不規則な生活によって、腸の働きをコントロールしている自律神経が不安定になり、腹痛を伴う便秘、下痢および便秘と下痢が交互に起こるもので、日本人の15~25%がIBSともいわれ、その数は年1~2%ずつ増加している※というデータもあります。

NDS

太陽化学のNDS技術とは - 素材の機能をデザインする -

太陽化学のNDS技術とは - 素材の機能をデザインする -

健康的に長生きしたい、いつまでも若々しく元気に過ごしたい、もっと美しくなりたい、巷にはそんな人々の健康や美容に対する願望を満たしてくれると謳っている機能性素材があふれており、新しい素材の発見、開発、研究もまだまださかんに行われています。中には何十万円もする高価で貴重な素材もあります。

NDS製剤の学術データ

成人女性を対象に、乳化分散ピロリン酸第二鉄製剤を用いた鉄強化米を4日間摂取した後の運動能力を検証した結果、血清鉄の上昇と共に運動中の酸素摂取量が増加することが確認されました。

関連記事

  • スポーツ栄養に新提案、鉄分を手軽に摂取するには?

    2020年の東京オリンピックも近づき、「スポーツニュートリション」分野が注目されている。運動に対する食事・栄養の重要性は、テレビや雑誌などのメディアに取り上げられ、毎日厳しい練習を行っているトップアスリートだけでなく、一般のスポーツ愛好家においても、食事・栄養に対する意識が高まってきている。

  • スマホ時代へぴったりの商品設計へご提案~ルテインの効果を最大限に引き出す乳化技術~

    10月10日は厚生労働省が主催(主唱)している「目の愛護デー」です。10・10の形を目と眉に見立てて設けられたそうですが、このころになると秋もいよいよ本番。季語でも「秋澄む」「水澄む」と表現されるように、空気が澄んで遠くまで見通せるようになりますので、日常生活の中で目の疲れに悩む現代人にとっては、爽やかな空気の中で目を休めてあげるのに最適な時期とも言えますね。

アムラ

アムラと太陽化学

アムラと太陽化学

“アサイー”のブームをきっかけに近年注目されているスーパーフルーツ。ビタミンやミネラルの他、特にポリフェノールなどの抗酸化成分を豊富に含むフルーツがスーパーフルーツと呼ばれています。その抗酸化作用の高さから、老化防止やアンチエイジング、健康効果が期待され、美意識や健康意識の高い人たちが愛用していると話題になっています。

アムラの学術データ

7週齢Wistar系雄ラットを用いて、通常食、高脂肪食、高脂肪食+アムラ果実水抽出物(アムラエキス)の3群に分けて1ヶ月飼育し、体重および内臓肪組織重量を測定しました。その結果、群間での体重あたりの摂取カロリーに差異はなかったにも関わらず、有意な差はなかったものの高脂肪食群では通常群と比べて体重の増加がみられたのに対し、高脂肪食とともにアムラエキスを摂取させた群では体重の増加が見られませんでした。

関連記事

  • 元気の源、血管の健康にスーパーフルーツ?

    日本人の死因の約4分の1を占める心疾患と脳血管疾患。いずれも血管の健康に関わる疾患であり、予防のために血管を健康に保つことが求められます。そのためには、食生活の改善、特に脂肪の多い食事を控えることが大切といわれます。中性脂肪やコレステロールなど血中の脂質が多すぎる状態になると、血管内で血小板が凝集しやすく、血液凝固能が活性化してしまい、血栓ができやすい状態となります。

太陽化学のメールマガジン

太陽化学からみなさまへ情報提供のためにお送りしています。
「情報と出会うキッカケ」となれば幸いです。
知ってトクする「技術・製品・提案情報」をお届けします。

お問い合わせ

製品情報、IR、その他のお問い合わせは
下記ページからお願いいたします。